登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 顎関節症の治療法

顎関節症の治療法

噛み合わせの悪さ(不正咬合)は顎関節症になる原因の一つです。不正咬合にはいくつかの種類があります 上の前歯よりも下の前歯が前に出ている反対咬合(受け口)、上顎が前に出ているか下顎が成長しなかった(または成長が遅い)上顎前突(出っ歯)、犬歯(八重歯)が外に飛び出している乱ぐい歯、奥歯の噛みあわせがずれている臼歯交叉咬合などです。

上の歯が下の歯を軽く噛んだ時に、下の歯の上に突き刺さったり、逆に上の歯が下の歯を突き刺す状態ではなく、歯ひとつひとつが小さく狭くなく、歯全体の形が歯科x線上に並び、上の歯の列と下の歯の列の中央が真ん中であっている状態であればよいのです。この状態で無ければは噛み合わせが悪いことになりますが、セルフチェックだけでなく、診察を受けたほうがいいでしょう。

額関節症は、老若男女だれでも、かかる顎(あご)関節の病気の一つです。症状も様々で、顎の痛みや不快音から、頭痛など、症状の種類、重軽度も個人差があります。

治療には、歯科医院、整体、カイロ、精神科など、さまざまな科での治療スタイルがありますが、最も一般的なのは、歯科の口腔外科による顎のズレの治療です。このサイトでは、日本全国の口腔外科を地図付きでご紹介しています。ぜひ、額関節症治療に参考にしてください。

インプラント治療は、従来の根管治療に比べて、たくさんのメリットがあり、安心して受けることのできる治療方法です。長い人生において、さまざまな理由から歯を失ってしまい、物が咬めなくなったり、食事が制限されたり、口内や顎に悪影響を及ぼすなど、さまざまなデメリットを受けてしまっている人がいます。 

従来は、噛み合わせが悪いことが原因だと考えられてきましたが、現在では他にもさまざまな要因があることが判っています。ブラキシズムと呼ばれる、無意識の歯ぎしりや食いしばりで、顎や歯に過剰な負担をかけていることも原因のひとつです。

さらに、そのブラキシズムを重症化させているのがストレスです。ストレスがたまったり緊張が強まったりすると、自然と食いしばったり歯ぎしりしたりする人が多いのです。

他にも、片方だけで噛む癖や、背骨や肩、骨盤のゆがみから来る全身のバランスの悪さなども原因です。そういったさまざまな要因が重なり合って、限界のラインを超えた時に、顎関節症となって現れるのです。

上下の噛み合わせが全体的に低くなって、下顎が後ろにずれてしまい、顎関節に負担をかけて 顎関節症になっている状態です。この状態もおおよそ自分で確認することは可能です。歯を噛み合わせて鏡を見てみると、通常下の歯は上の歯に上から1/3程度覆われて、歯茎から2/3くらいが見える状態になります。ところが、噛み合わせが低くなって下顎が後ろにずれているときは、下の歯が上の歯に2/3以上覆われてしまい、下の歯はほとんど見えなくなってしまうことが多いのです。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp