登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯垢と歯石による口臭

歯垢と歯石による口臭

 歯磨きもせずに歯垢を放置しておくと、唾液に含まれるカルシウムを吸着して石灰化します。これが歯石で、約2日間で歯垢は簡単に歯石に変わってしまいます。こうなると、ブラッシングをしてもなかなか落ちません。歯垢や歯石は口臭の原因となる他に、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。どんなに注意して歯磨きをしても年齢とともに歯垢や歯石がつきやすくなります。

ときどき歯垢染め出し財などを使って、歯磨きの不十分なところやブラシの届きにくい部分をチェックしたり、歯周病予防のためにも、歯科医院で定期的に歯垢や歯石を取ってもらう事が大切です。虫歯の口臭は硫黄のようなニオイ食後、歯を磨かないままにしておくと、口内の最近が食べカスを栄養にして酸を発生させ、この酸が歯を溶かして虫歯になるのです。虫歯の穴には歯垢や食べかすが詰まり、歯磨きだけでは取れなくなります。虫歯は、硫黄のような特有のニオイを発生します。 

歯垢(しこう)の80%は細菌なのだそうです。 口の中に存在している無数の細菌の塊。 細菌は食べカスから口臭の元を作ってしまいます。 人に不愉快な思いをさせてしまう口臭の原因のひとつの歯垢。 歯の垢(アカ)と表現されてます。良い匂いが出るわけないですね。 超音波クリーナーは必要です。
歯垢を除去せずにずっとそのまま持っていると石のように硬くなっていきます。 それが歯石です。 歯石を取り、歯周病を予防することが口臭予防につながるのです。 歯石になってしまうと自分では取れません。 無理に取ろうとすると歯が欠けたりしても困りますので、 クリニックで歯石の除去をします。 
歯石になる前に歯垢を溜めないことが肝要です。 歯垢のできかたとしては、 口の中に細菌のエサになる食べ物、(中でも甘いもの)があると、 細菌がネバネバとした物質を出し、歯垢ができるそうです。 

歯垢(しこう)を取り除くためには、正しいブラッシングが一番効果的なのです。また、歯垢(しこう)の仲間となる細菌もさらに、しっかり取り除きたいと言う人には、ブラッシングと合わせて、歯間ブラシやデンタルフロスを使うことも、オススメします。

マウスウォッシュも、歯磨きに合わせて使うと、効果があります。歯垢(しこう)とほかっておいて歯石になってしまうと、ブラッシングだけでは落ちなくなってしまうので、虫歯や歯肉炎、歯周病などを引き起こす原因になります。歯垢(しこう)だけでも臭いになってしまいます。それ以上の口臭が起きないように、毎日のケアをしっかりして、歯垢(しこう)を取り除き、口の中を清潔に保つように心がけてください。歯垢は磨きにくいところに溜まるので、気をつけましょう。

口臭の原因となる歯垢は、食べ物の食べカス同じように、うがいだけでは取り除けません。マウスウォッシュで、口の中をきれにしようする人がいますが、完全に歯垢を取り除けることはできないので、超音波スケーラー歯磨きを正しくすることが一番効果的です。 ただし、歯垢が取れなければ磨けたとは言えません。歯垢は単なる食べカスとは違って、ネバネバした膜のような状態で歯にこびりついている物質です。なんとなく磨くというやり方ではなかなか取れないし、強く磨いたり、長く磨けばいいというものでもありません。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp