登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 子供と口内炎

子供と口内炎

 子供にも口内炎はできてしまうことがあるようです。大人と同様の原因で口内炎になることもあるそうですが、その多くは子供特有の病気や疾患の症状として現れているようです。

子供の口内炎の原因として代表的なものは、ヘルパンギーナや手足口病など夏風邪と呼ばれるものです。ヘルパンギーナや手足口病は梅雨入り前くらいから、秋までに流行することが多い夏風邪で、高熱などを伴うことも多くまた感染力が強いことも特徴です。音波クリーナー は大事です。
熱や倦怠感などが直ってもその後に口内炎の症状だけが残ってしまうことも多いようで食事にはとても苦労するそうです。またその他の原因としてはヘルペス口内炎も挙げられます。 

原因により違いはありますが、一般的に発熱と痛みを伴います。また、口の中が炎症を起こすので食欲が低下します。
ヘルペス口内炎〜単純ヘルペスの感染で、口の中の粘膜に小さな水痘ができ高熱が3〜5日続きます。また、口の中が痛むため脱水症状になることもあるので水分補給が大切になります。完治には2週間程度かかります。
ヘルパンギナ〜エンテロウイルスが原因で、3〜4日高熱が続き軽い頭痛を伴います。口の中に小さな水痘ができ舌や唇にも症状が表れることがありますが、歯肉や頬の粘膜に症状が表れることはありません。
手足口病〜エンテロウイルスによるもので、口の中の炎症、手や足、膝、殿部に水疱ができ、喉の痛みと微熱があります。また、発熱が4〜5日続き嘔吐や下痢の場合は無菌性髄膜炎の合併症になっている可能性があります。 

【アフタ性口内炎】小さな赤い潰瘍で、中心部が白く膿を持った様になる。

【壊死潰瘍性口内炎】
口の粘膜や歯茎がただれて出血する。
痛みのため食欲が落ち、よだれと口臭をともなう。

【カンジダ性口内炎】口の中に白いかすのようなものが付着する。
痛みや痒みは無いが、放置すると体内に広がることがある。

口内炎がひどくて、ものもあまり食べられないような場合、病院で治療してもらったほうが良いかもしれませんが、一般の口内炎(アフタ性)なら、市販でお買いになった系の塗り薬が処方されます、さらにビタミン剤も処方されることがあります。ヘルペス性の口内炎なら、そのための専用の治療薬を処方されることになります。市販の薬のほうがしみるようで、病院で処方される薬の方がまだ刺激は少ないようです。超音波スケーラーも大人気です。  

子供や赤ちゃんが口内炎になった場合、症状をうまく伝えることができないことがあります。特に、赤ちゃんは、口の中の不快を訴えて泣いたりしますが、大人である親がどうして泣いているか、わからないこともよくあります。子供や赤ちゃんが口内炎になると、口内炎の痛みで、食べ物を食べることを嫌がり、ひどい時には、水分を摂るのも嫌がることがあります。授乳中の赤ちゃんなどは、おっぱいを飲まなくなることもあります。この場合、栄養不足や脱水症状になることがありますので、注意が必要です。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp