登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 口臭をチェックする方法について

口臭をチェックする方法について

 自分の口臭を確認する時に、よく両手で包み込むようにして息を吐き、その息の臭いをかいで確認したりしていませんか?その方法だと、なかなかうまく確認できません。ここでは、簡単に口臭をチェックする方法を見てみましょう。

まずは、コップを使用してのチェック方法です。この方法は、起床時にすぐやりましょう。やり方は簡単です。コップの中に吐いた息をあなたが確認するだけです。これであなたの口臭が分かります。実を言うと起床時というのがポイントで、起床時の口臭は、生理的な口臭の中で一番強い口臭であり、自己判断がし易いからなのです。逆に言うと通常生活においては、この起床時の口臭以下の臭いがあなたの口臭ですので あまり気にしなくてもいいでしょう。ちなみに、ビニール袋でも同様の方法をとることができますが、ビニール袋特有の臭いが付いている可能性があるので、多少分かり辛いかもしれません。歯と歯の間を丁寧に掃除し、歯ブラシや糸ようじの臭いを嗅いでみてください。歯垢などの汚れがついている場合は口臭があります。超音波スケーラーは必要です。 

舌の表面が白っぽい、または黄色っぽい場合、舌が汚れています。舌の汚れを舌苔(ぜつたい)といいます。舌苔がついていたら、ふき取って臭いを嗅いでみてください。臭いがあれば、口臭が発生しています。コップの中に息を吐き、吐いた息を嗅いでみてください。朝の起床時は一日のなかでもっとも臭いのきついので、このときに行うと、あなたの口臭が一番臭いレベルが分かります。簡単な口臭チェックの方法としては、コップを使うものがあります。臭いのないコップを1個用意して、その中に息を吐き出します。コップの中の臭いをかいで、鼻をつくような臭いがあれば、口臭は相当強いものと思われます。 
ガーゼを使った口臭チェックの方法は、きれいなガーゼを用意して、そのガーゼで舌の奥の方を強めにふき取ります。しばらく置いて臭いを確認します。ガーゼに臭いが残っていれば、強めの口臭があると思われます。奥歯にデンタルフロスを通して数秒こすり、フロスの色や臭いから口臭をチェックする方法もあります。これらの方法で自分の口臭を感じたら、口臭対策を始める必要があるでしょう。歯科材料はよく役に立ちます。 
口をしっかりと閉じて鼻から息を出し、その息を吸ってみて臭いがあれば、口臭の原因は口以外にあると考えられますが、鼻をつまんで口を閉じてしばらく置き、少したって静かに息をはいて臭いをかぎ、臭いがあれば、口の中に口臭の原因があります。その場合は、口の中の口臭予防を、いろいろと行ってみましょう。まずは口臭自覚のある人は悩む前にいろいろな方法で調べてみましょう。次の15項目のうちで「ハイ」が3つ以上ある場合は多少他人が不快に感じる口臭があると考えられます。

①歯が歯ぐきから緩んでグラグラする。
②歯を磨くと歯ぐきから出血する。
③歯ぐきが赤く腫れている。
④歯の隙間に食べ物が詰まりやすい。
⑤舌の表面のザラザラが少し黄色っぽくなっている。
⑥口のなかが粘っている。
⑦口の中がやたらと乾く。
⑧食事を不規則にとっていて空腹を感じる時がある。
⑨タバコをかなり吸う。
⑩歯磨きをしていない、たまにしか歯磨きをしない。
⑪他人から口が臭いと言われた。
⑫義歯(入れ歯)の手入れをしていない。
⑬口内炎で口の中がただれる。
⑭飲み物を飲むと歯がしみる。
⑮糖尿病や胃潰瘍などの病気がある。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp