登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > アルコールが原因の口臭

アルコールが原因の口臭

ストレス発散にアルコールは欠かせませんアルコールは少量ですと、健康に良いといわれますね。しかし 飲みすぎると口臭の原因になるようです。アルコールは、肝臓で分解されて血液にそして肺に戻って 吐き出す息に臭いがっていう仕組みのようです。だからアルコールを飲みすぎると口臭がきつくなります。その他アルコールには利尿作用がありトイレが近くなっちゃいますよね。その分 水分が不足して、唾液の分泌量が低下することにより、口臭の原因にもなります。水を飲むことが一番の対策になります。水分がとられてしますので、水分補給です。あとは、口臭グッズを使うことも大切ですよ。アルコールは、適度に楽しんで飲みましょう。

アルコールを飲んだときの悪臭を発生させる理由があります。1つ目は、アルコール自体が口腔内粘膜を乾燥させてしまうことです。その結果口腔内乾燥に伴う口由来の口臭が発生します。アルコールは分解される時に大量の水を必要とするために水分が奪われます。→対策としては水を摂取すればいいのですが、お酒を飲む時に、水を飲むと酒自体がまずくなるのであまりしないのです。

2つ目は、アルコールの肝臓における分解過程で、2つの酵素が関与します。アルコールはまず、アルコール分解酵素の働きで、悪臭であるアセトアルデヒドに分解され、アセトアルデヒドがさらにアセトアルデヒド脱水素酵素で分解され酢酸などの酸に分解されます。通常成人で、このアルコールが完全に分解されるスピーは、お酒に換算すると5〜6合のお酒を完全に分解するには24時間くらいかかります。 

アルコールを摂りすぎると口臭の原因になるアセトアルデヒドが発生します。アセトアルデヒドはアルコールに含まれていて、アルコールを摂ることで血液中をめぐっていきます。そのため口臭がきつくなるのです。他にもアルコールは利尿作用が強いですから、口の中が乾きやすくなるんですね。歯科材料は役に立ちます。口の中が乾くと口臭がきつくなりますし、舌苔が繁殖しやすくもなるので、ますます口臭がひどくなっていってしまうのです。さらにアルコールを摂りすぎると胃腸にも悪影響があります。胃腸が不調の場合にも口臭がきつくなることがありますから、アルコールの摂りすぎで胃腸を壊すようなことがないように十分気を付けてくださいね。私もそのせいで口臭がひどかった時期がありました。タバコも吸っていましたからさらにです。今ではタバコをやめて以前よりビールを飲む量を抑えるようにしたので、口臭もすっかり落ち着いています。やっぱりお酒を飲むことはほどほどにしておくことが大事ですね超音波スケーラーは大事です。

もちろん、あまり飲みすぎないことのほうをお勧めしますが、どうしても飲みたかったり、飲みすぎてしまったりしたときは、水分をしっかり摂って、脱水症状を防ぎ、口の中を潤しましょう。

 

また、最近では、アルコールを飲む前に、飲む「ウコンの力」などを利用して、アルコールの分解する予防方法もあるので、アルコールによる口臭が気になっている人は、試してみてください。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp