登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 矯正装置の種類

矯正装置の種類

 矯正装置や矯正治療法にはたくさんの種類があり、また次々に新しい装置が開発されています。いったいどの装置、どの治療法が一番いいの?と迷われている方も多いのではないでしょうか。

患者さんの歯の症状によって適する装置や治療法は異なりますし、また歯科医院によって扱っている装置や専門的な技術を持っている治療法も様々です。満足できる治療を受けるためには、ご自分に合った信頼できる矯正歯科医院を見つけることがとても大切です。そのための手助けとなる情報を当サイトでご紹介してまいります。

矯正装置は、歯を移動させる為のものですから、当然、決められた時間、装着していないと効果はありません。着脱式の矯正装置の場合、患者さんの中には矯正歯科医の指示通り、装着せず、頻繁に外してしまうことがあります。

着脱式装置歯科機器の「取り外せる」デメリットのないものが、矯正装置の、もう一つのタイプである「固定式装置」です。

並び矯正装置には固定装置の中でもマルチブラケット法がポピュラーですが、その応用として舌側にブラケットを設置する舌側ブラケット法があります

マルチブラケット装置の弱点に、ブラケットを歯の表面に設置する為、その口元にむき出しの姿が審美的に敬遠されてしまう点が挙げられます。この問題をクリアするために金属以外の素材を使った「人目に目立たないブラケット」なども使用されますが、審美的なスマートさを求める人たちにとっては、これも根本的な問題解決とは言えないようです。クリッピーLは、小型で厚みが非常に薄く、装着後の違和感を軽減するのが特徴です。クリッピーLは、セルフ・ライゲーション・システム(オートマチック・タイ)を持っています。
このシステムはフリクション・フリーといわれ、矯正用ワイヤーと矯正装置との摩擦が最小限に抑えられるために、理想的な生理的矯正力がかけ易く、歯周組織と調和した効率的な歯の移動が可能になると言われています。
このため、痛みが少なく、治療期間が短縮されます。 世界的にもっとも一般的な装置です。治療費も安く、金属の特性により薄く 丈夫です。
以前は、歯面全体に金属のバンドが張り付いていたので、かなりギラギラしたイメージでしたが、現在は接着剤歯科材料の発達により小さな「金属の粒」といった感じで、 以前ほど目立たなくなりました。
歯ブラシによるお手入れも比較的簡単にできます。世界的にもっとも一般的な装置です。治療費も安く、金属の特性により薄く 丈夫です。
以前は、歯面全体に金属のバンドが張り付いていたので、かなりギラギラしたイメージでしたが、現在は接着剤の発達により小さな「金属の粒」といった感じで、 以前ほど目立たなくなりました。
歯ブラシによるお手入れも比較的簡単にできます。乳歯列期の矯正で、顎の骨の成長を利用して歯並びを治します。主にプレートタイプの装置を使って治療いたしますので、痛みも少なく、目立たずに治療が行えます。(およそ5歳〜12歳)乳歯列期の矯正で、顎の骨の成長を利用して歯並びを治します。主にプレートタイプの装置を使って治療いたしますので、痛みも少なく、目立たずに治療が行えます。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp