登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口内炎と口角炎の基礎知識

口内炎と口角炎の基礎知識

口内炎は、口の中の不衛生や義歯の刺激、ウイルスなどが原因で起こりますが、一番多いのはビタミン不足や過労、ストレスです。

口内炎は症状や原因によって、次の4つがあります。

1)カタル性口内炎

口の中の粘膜や舌が赤く炎症を起こしたり、あるいは、ひび割れ、白濁、赤い斑点ができたりします。また、口の中が熱を持った感じになり、口臭の発生やだ液の量が増える場合もあります。

炎症が原因で、味の濃いものを食べると口の中がしみたり、食べ物の味が良くわからないこともあります。

2)アフタ性口内炎

口の中の粘膜に、円状や楕円状のできものができる口内炎です。歯ぐき、舌、ほほの内側などにもできます。

口内炎では一番多く、通常は1週間〜10日前後で治りますが、患部は痛みがあります。

3)ヘルペス性口内炎

ヘルペスウイルスに、感染することで起こる口内炎です。ウイルスへの抵抗力が低い乳幼児がかかることが多く、口の中に炎症が起こります。超音波スケーラーはよく役に立ちます。

4)カンジダ性口内炎

カンジダというカビの仲間が、口の中で増えると起こる口内炎で、健康な人がかかることはほとんどありません。

口角炎の原因として一番に挙がるのがビタミン不足です。その中でもB2、B6、B12が原因で細菌感染し、口角炎、口内炎になることが多いとされています。 でも私はたんなるビタミン不足だけではならないと考えています。私の経験では、特に体が弱っているときになりやすいんです。そしてその中でも胃、十二指腸 の調子が悪いときに、必ずといっていいほど出ます。というか口角炎が出ているときに考えると、必ず胃の調子が悪いのです。いろいろな要素が重なったときに なるのは間違いないのですが、口角炎と胃とは関係が深いと考えます。 口角炎の治療方法には、どのような方法があるのでしょうか。
口角炎は、上下の唇の境目あたりが切れてしまって、血が出てきたり、口を開けるたびに痛くなるという症状を示すものです。 口角炎の原因にはいろいろありますが、カンジダやヘルペスウイルスなどの細菌が原因とみられる場合は、抗真菌剤や抗生物質などを塗ったり服用したりします。 よだれが多い人や唇をなめる癖がある人の場合は、その癖を直せば、改善が見られるでしょう。 ビタミン不足や貧血の人は、ビタミン剤やサプリメントを摂ったり、食事をバランスよくすることによって、改善が見込めるでしょう。
口角炎の治療薬に関しては、炎症を抑えるステロイド系の軟膏が良いといわれています。 それほど症状がひどくない初期症状だけの場合なら、市販の軟膏歯科材料塗っておくだけで、すぐに治すことができるようです。
口角炎を治療するにあたって、自分で原因を特定するのは難しいと思いますので、まずは皮膚科や耳鼻科など専門医を受診することをおすすめします。

 

口角炎の治療方法には、どのような方法があるのでしょうか。
口角炎は、上下の唇の境目あたりが切れてしまって、血が出てきたり、口を開けるたびに痛くなるという症状を示すものです。 口角炎の原因にはいろいろありますが、カンジダやヘルペスウイルスなどの細菌が原因とみられる場合は、抗真菌剤や抗生物質などを塗ったり服用したりします。 よだれが多い人や唇をなめる癖がある人の場合は、その癖を直せば、改善が見られるでしょう。 ビタミン不足や貧血の人は、ビタミン剤やサプリメントを摂ったり、食事をバランスよくすることによって、改善が見込めるでしょう。
口角炎の治療薬に関しては、炎症を抑えるステロイド系の軟膏が良いといわれています。 それほど症状がひどくない初期症状だけの場合なら、市販の軟膏を塗っておくだけで、すぐに治すことができるようです。
口角炎を治療するにあたって、自分で原因を特定するのは難しいと思いますので、まずは皮膚科や耳鼻科など専門医を受診することをおすすめします。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp