登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口角炎と胃の関係

口角炎と胃の関係

口角炎の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。口角炎とは、上下の唇の境目あたりが切れてしまって、血が出てきたり、口を開けるたびに痛くなるという症状です。 そういえばそんな症状になったことがあるという方は、意外に多いのではないでしょうか。

そんな口角炎の原因には、様々なものがあります。 まず、カンジダやヘルペスウイルスなどの細菌による感染があるといわれています。 また、よだれが多い人や、唇をなめる癖がある人も、感染しやすいといわれています。 さらに、ビタミンB2、B6の不足や貧血なども原因になるとされています。 口角炎は、原因をある程度特定できれば、根管治療法も限られてきて治療しやすいのですが、口角炎には様々な要素が絡み合っているため、なかなか治りづらいというのが実際のところです。

Denjoy® 根管治療機器 エンド G3 RCTY-DY(II)

 

Denjoy® 根管治療機器 エンド G3 RCTY-DY(II)

 

 

時々しかならないという方は一般的な治療法で十分ですが、度々かかるという方は、皮膚科や耳鼻科に相談してみることをおすすめします。主な症状としては、口の両端にただれができたり、亀裂が入ったりして、かさぶたがついた状態になります。ただれのことを「びらん」とも呼ぶため、口角炎ではなくて「口角びらん」ともいわれます。アトピー性皮膚炎から発症した場合は、口唇炎を伴っていることがよくあります。また、口のまわり全体が乾燥してカサついた感じになります。軽い症状の場合は、痛みのせいで少し口が開けにくくなる程度ですが、炎症が進んで症状が重くなると口が開かず、しゃべることも食事をとることもままならなくなってしまうことも…。そのほか、赤い発疹、はれなどの症状が出ます。 ビタミン(B2、B6、B12、ナイアシン、A)の不足によるもの。


特にビタミンB2の欠乏で発症する事が多い。ブドウ球菌、カンジダなどの真菌などに感染した場合。疲労や風邪等で抵抗力が弱っているときに感染しやすくなるようです。子供や幼児では、よだれが原因の感染もあります他の病気で全身の抵抗力が弱っている場合。鉄欠乏性貧血、悪性貧血、糖尿病、ステロイド剤の長期使用など。 

 

口の両端にただれやかゆみ・痛みが出る口角炎を発症しているのなら、胃も悪くなっているという考えです。胃の調子が悪いと口角炎になる、と言う方がぽつぽつ見られますからやはり関連あるということになるのでしょう。漢方を試すのであれば、専門医がいる薬局できちんと相談した上で購入しましょう。口角炎によく用いられているのは平胃散(へいいさん)という漢方薬です。

 

上記の考えは口の両端にただれやかゆみ・痛みが出る口角炎を発症しているのなら、胃も悪くなっているという考えです。胃の調子が悪いと口角炎になる、と言う方がぽつぽつ見られますかやはり関連あるということになるのでしょう。漢方を試すのであれば、専門医がいる薬局できちんと相談した上で購入しましょう。口角炎によく用いられているのは平胃散歯科材料という漢方薬です。 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp