登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口内炎予防とうがいのポイント

口内炎予防とうがいのポイント

口内炎を予防するために、うがい液などを使用しますが、このうがい薬や洗口液を使う際のポイントがあります。殺菌成分が入っているうがい薬や洗口液をつかってブクブクうがいをして細菌の繁殖を抑えるという方法は、口内炎の予防にたいしても治療にたいしても有効な方法です。うがいは、塗り薬の前に行ったほうがよいでしょう。ただ、傷がある場合には殺菌成分が細胞にダメージを与えてしまいます。超音波スケーラーはひつようです

そのため傷の修復を遅らせてしまいますので、うがい薬や洗口液でブクブクうがいした後に水でうがいをしたほうがよいでしょう。ちょっと怖い話なのですが「口内炎だと思っていたら ・ ・ ・」違う病気だったということもあります。漫談家のケーシー高峰さんは、2005年5月に舌がんと診断されました。そして、2度に渡る手術を受けたそうです。

初期の頃は、口内炎のような症状でした。そして白板症(はくばんしょう)という病変でした。執刀した医師の話によると「口内炎だと思ってほうっておいたら、実は『がん』だったという人も多くいる」と言われたそうです。このお話で注意していただきたいことは口内炎から「がん」に進行するわけではありません。前がん病変やあるいはがんの初期の状態のことを口内炎と間違える人が多いということです。

口内炎の種類と口内炎ができる原因

口内炎は以下の3種類

細菌感染

ウイルス感染

アフタ性口内炎

この中で、一般的に言われる口内炎とは、アフタ性口内炎のこと(アフタとは、直径2〜11mm程度の円形の境界明瞭な腫瘍)

アフタ性口内炎ができる原因は、今のところ正確にはわかっていないが、以下のメカニズムが考えられる

口内炎発生のきっかけとなる刺激

細菌が繁殖

口内炎になる

口内炎発生のきっかけとなる刺激

口の中にできた傷に細菌が繁殖すると、炎症を起こし、口内炎になる。

魚の骨など鋭い形の食べ物が刺さる

チョコレート、チーズ、貝類、トマト、リンゴ、パイナップル、柑橘類、酢、そばなど

ここでは口臭や歯周病、眼精疲労との関係などについて詳しく解説しています。口内炎との関連性はもちろん、それぞれの予防法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

また、口内炎には蜂蜜が効く・・・という噂についても徹底リサーチしてみました。本当に効果があるのか、またどのようにして使えば効果的なのか・・・など気になる情報が満載です。知人の体験談などもあるので、気分転換にぜひ立ち寄ってみてください! 硬過ぎない程度でちょうど良い大きさの歯ブラシを選び、強いブラッシングはやめて、優しく丁寧に口の粘膜を傷つけないようにブラッシングするよう注意しましょう。また、歯のかみ合わせなどで、口腔内や唇を噛みきってしやいやすい人も食事の際に注意が必要です。 
舌(舌苔)を優しくブラッシングすると舌がきれいになり、口臭対策になります。但し傷をつけないように!硬過ぎない程度でちょうど良い大きさの歯ブラシを選び、強いブラッシングはやめて、優しく丁寧に口の粘膜を傷つけないようにブラッシングするよう注意しましょう。また、歯のかみ合わせなどで、口腔内や唇を噛みきってしやいやすい人も食事の際に注意が必要です口腔内カメラでよく検査しよう。
舌(舌苔)を優しくブラッシングすると舌がきれいになり、口臭対策になります。但し傷をつけないように!基本的なことですが、日ごろから毎食後の歯みがきやうがいをおこないましょう。口腔内が清潔であればウィルスや細菌からの口内炎発症を抑えてくれます。うがいはちょくちょく行うようにしましょう! 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp