登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 眼精疲労と口内炎の関係性

眼精疲労と口内炎の関係性

現代は、仕事でパソコンを使うことがほとんどかと思います。口腔内カメラで研究すると、ITの普及によって問題になってきているのが、眼精疲労というものです。精疲労の症状には疲れ、充血、かすみ、痛み、視力の低下などがあります。これらは口内炎の発症とも大きく関わっているのです。 PCやゲームなどでモニターに集中して眼を酷使すると、眼精疲労や肩こり、偏頭痛の原因となりますが、それだけでなく体内のビタミン群を奪ってしまいます。ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンEなどは、眼への活性化と栄養の供給に欠かせないものとなります。 

パソコンやゲームなどでモニターを集中してみていると眼精疲労を引き起こし、体内のビタミン群が奪われてしまいます。ビタミン群が不足すると、どうなるか・・・そう「口内炎」になるのです。PCを頻繁に利用している人は眼精疲労や肌荒れだけでなく、口内炎の発症率も高いとか。
なお、ビタミンは体内で生成することができないので、体外からの摂取が欠かせません。バランスのよい食事、特に緑黄色野菜を積極的に摂りましょう! 食生活の改善が困難であれば、サプリメントなどで補うことをオススメします。 

肉体疲労、眼精疲労、肩こり、首のこり、ニキビ、口内炎をビタミン剤で治すことは難しいですよ。肉体疲労は過労、眼精疲労は症状によりますが多くは眼筋の凝りで、その原因は仕事、生活習慣、ニキビは皮脂分泌亢進、毛穴の角化障害と常在菌の存在、口内炎の多くは単純ヘルペス感染、早い話が免疫力低下です。
常に肉体疲労を感じているのであれば、免疫力が低下しやすくニキビ、口内炎になりやすいです。仕事柄で目を酷使するのであれば眼精疲労、パソコンでは眼精疲労に加えて不良姿勢による首・肩凝り、うつむく作業でも首・肩凝りになります。そして、首・肩凝りは体質、体型も関与します。摂食制限ダイエットでは栄養失調、元々痩身であれば体力不足が考えられます。
確かにビタミンは大切です。でも、日常の食事に気をつければ十分でしょう。補助的に摂取するのであれば、眼精疲労、首・肩こりはビタミンB12、ビタミンE、ニキビ、口内炎はビタミンC、B群の摂取が良いです。でも、これで治るわけではありません。仕事や生活習慣上の原因、改善する余地はないかを考えることが大切です。当然に症状に応じ、ときに適切な治療をするのも大切になります。 

パソコンやゲームなどでモニターを集中してみていると眼精疲労を引き起こし、体内のビタミン群が奪われてしまいます。ビタミン群が不足すると、どうなるか・・・そう「口内炎」になるのです。PCを頻繁に利用している人は眼精疲労や肌荒れだけでなく、口内炎の発症率も高いとか。
なお、ビタミンは体内で生成することができないので、体外からの摂取が欠かせません。歯科材料だけでなく、バランスのよい食事、特に緑黄色野菜を積極的に摂りましょう! 食生活の改善が困難であれば、サプリメントなどで補うことをオススメします。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp