登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 口内炎の治療で使う薬 について

口内炎の治療で使う薬 について

 味の濃いもの(しょうゆなど)を口にした瞬間、ビリッとした痛みが・・・そう、「口内炎」です。あの衝撃は誰もが一度は経験し、また忘れがたい痛みではないでしょうか? そんな口内炎にスポットを当ててみました。口内炎の種類や治療法、予防法など、ぜひ参考にしてみてください! ほとんどの人が経験している口内炎ですが、その原因についてはあまり知られていません。ここでは、口内炎の原因や症状について詳しく解説しています。食生活が乱れていたり、ストレスや疲労をためたりしていませんか?超音波スケーラーは必要ですか? 

また、嗜好品(アルコールやタバコ)なども原因になりかねません。思い当たるふしのある人は、今からでも改善していきましょう! 

口内炎は誰でもできた経験があると思いますが、痛かったり気になったりといやなものですね。物を食べるのに障害になったりもしますし、できれば口内炎はできないのが一番です。では口内炎はどうしてできてしまうのでしょう。 
大人も子供も口内炎はできるものですが、大人と子供の場合では、口内炎のできる原因は違うといわれています。大人の場合には、体がサインを出しています。体力の低下や免疫力の低下が主な原因になるのです。免疫力の低下とは、ストレスを感じたときにも起こりますからそれもまた口内炎の原因になるということですね。 
さて、口内炎になる原因はわかりましたね。ストレスは誰でも感じるものですから、口内炎になってしまうのは 仕方のないことですね。そこで、その痛みを抑えるために、薬を塗って対処するわけですが、 その薬が効かないと言う感想の人がほとんどだそうです。薬を塗っているのになかなか治らない・・・一体どうしてでしょう? 口の中に傷ができると、体の内側から、白血球などの免疫が傷口の細菌をやっつけてくれるんだそうです。 その際に傷口の周りの組織が破壊されてしまうんだそうで、それによって皮膚が腫れて炎症ができ、 痛みを引き起こしてしまうんだそうです。超音波クリーナー は大事です。
こうなってしまうと、私たちはこの痛みを鎮めようと、お医者さんに行き、 処方された薬を塗りますよね? しかしこの塗り薬、組織の炎症を抑えると共に、細菌と戦っている免疫を抑えてしまう効果もあるんだそうです。 ただ、この塗り薬には、細菌を抑える効果は無いそうですから、痛みは引いても細菌は残ってしまい、また増殖を 始めてしまうとのこと・・・しかし薬の効果で免疫は抑制されてしまっていますからまた細菌が増えて・・・ といった具合に治るのを長びかせてしまっているとのこと。つまり病院で処方される口内炎の薬は『痛み』は柔らげられますが『細菌』は 抑えることが出来ないんですね。 また一般の市販薬には、炎症を抑えるものと殺菌作用のあるものがあるそうですから、きちんと見極めて 購入することが大切ですね。 

まず、飲み薬としてよく用いられるのは、ビタミン剤です、口内炎の原因で、ビタミン不足が挙げられますから、体内にビタミン剤を服用して体内のビタミンを補います。
ビタミン剤は口内炎の治療効果を期待するよりも、口内炎の発症を防ぐ効果のほうが大きく、たとえば、ビタミン剤を飲んだからといって口内炎の痛みが治まるというような効果は期待できません。
口内炎の症状を緩和し、痛みを抑えるはたらきをするのが、口内炎の患部に直接塗る、塗り薬です、この塗り薬にはステロイド剤が用いられることが一般的です。ステロイド剤は口内炎の治療にとても効果的といわれていますが、ステロイド剤は副作用がでる場合もありますから、医師に処方されたステロイド剤を正しく使用しなければなりません。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp