登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 詰め物の種類について

詰め物の種類について

歯の詰め物歯科材料にもいくつか種類があることをご存知でしょうか。機能性を重視した金属を材料とするゴールドやシルバー、審美性を重視した白い材料からなるハイブリッドやセラミック(ポーセレン)があります。

口腔内カメラ奥歯の小さい虫歯は虫歯の部分を取り除いたあとプラスチックをつめるだけですみますが、大きな深い虫歯をプラスチックでつめてしまうと噛んだ時に割れてしまうので、「インレー」と呼ばれる、型をとってしっかりとした材料で作ったものをはめ込まなければいけません。金属を使用せず、陶器により歯の形に作り上げた詰め物です。陶器のため、年数がたっても水分などを吸収せず変色にも強いため、きれいな状態を持続することができます。歯の詰め物にもいくつか種類があります。機能性を重視した金属を材料とするゴールドやシルバー、審美性を重視した白い材料からなるハイブリッドやセラミック(ポーセレン)があります。

奥歯の小さい虫歯はプラスチック(レジン)を詰めるだけですみますが、大きな深い虫歯は、型をとってしっかりとした材料で作った「インレー」と呼ばれるものをはめ込まなければいけません。ここでは主にハイブリッドセラミック製の「ハイブリッドインレー」の特徴と種類についてご紹介いたします。

 コンポジットレジン(プラスチック)

・プラスチック素材なので割れやすいです
・長年の使用で磨耗)していきます
・プラスチック素材なので唾液を吸収し、変色します
・比較的安価にすませることができます

ハイブリッドセラミック(セラミック+プラスチック)

・金属を使わないので、自然な色調になり見た目がきれいです
・実際の歯(エナメル質)の硬さに近いので、磨り減りにくいです
・吸水性が極めて低いので唾液の吸収による変色が起きる可能性が低いです
・被せ物との境目が黒ずむことがありません
・プラーク(歯垢)がつきにくいです
・割れにくく、インレー(詰め物)には最適です

パラジウム合金

金属アレルギーを起こす場合があります
金属のため、見た目に違和感があります
長年の使用で歯肉が金属の影響により黒ずむことがあります
金属なので磨り減りにくいです
Gインレー(ゴールド)

適合性(歯との密着度)に優れるので、接着面から虫歯が再発しにくいです
極めて身体に優しい素材です
かぶせものとの境目が黒ずみにくく、見た目が明るくきれいに仕上がります
部分奥歯の詰め物に最適です

ダイレクトボンディング法

虫歯で穴が開いている歯や欠けた歯、保険の詰め物が変色してしまった部分などに 樹脂を塗って歯を白くする方法です。審美歯科の場合は 審美性や耐久性の高い材料で充填を行い、天然歯との境目を目立たなくします。
歯科医師の技術も非常に重要です。
口の中で歯科用レジンを直接歯に盛り足して、歯の形態や色を回復させます。主に歯が欠けてしまった場合や、すきっ歯を治す場合に適用されます。
この治療は、歯を作製する技工所などへの発注の必要がなく、治療回数を短縮できます。そのため患者様にとっては、少ない負担で天然歯のような白さを取り戻すことができる方法です。
ダイレクトボンディング法では、保険適用の場合、金属やレジン(プラスチック)が用いられています。しかしすぐに変色などを起こすため、審美性・機能性を充分に引きだせない場合があります。




より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp