登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 歯の変色の原因

歯の変色の原因

歯の変色の原因には、表面の汚れが歯を変色させている外因性によるものと、エナメル質・象牙質の変化による内因性によるものがあります。具体的に、外因性の原因としては食事や虫歯などが挙げられ、内因性のものとしては加齢によるもの等が挙げられます。超音波スケーラーは必要です。 

外因性のもの

たばこ、コーヒー、赤ワインなど飲み物や食べ物の色素や、汚れが歯に付着したものクリーニングにより元の歯の色に戻ります詰め物や、かぶせ物の変色や、その材料から出るイオンによるもの詰め直し、またかぶせなおしをおこないますが、イオンによる変色はホワイトニングは効果がありません

内側からくる変色
歯の内側から黄色くなる原因の多くは加齢による変色です。歯には半透明のエナメル質の内側に象牙質という黄色い層があるのですが、さらにこの内側を歯の神経と血管が通っています。生えたての歯の象牙質は淡いクリーム色をしているのですが、肌の老化と同じで新陳代謝により年々この色が濃くなってきてしまいます。またエナメル質も毎日の歯磨きや歯軋り、毎日食事などで薄くなり内側の象牙質の色が強くなってきてしまいます。この二つの相互作用により歯の色が黄色くなってくるのです。また、紫外線によっても歯の色が濃くなることがあります。年齢とは関係なく歯の神経をとってしまったり神経が死んでしまったりした場合でも象牙質が茶色に変色してきます。これは歯に栄養が行き渡らなくなったためで、一種の老化現象といえます。歯を白くすることはつまりアンチエイジングということです。
抗生物質(テトラサイクリン)
テトラサイクリンという抗生剤によっても象牙質の色が変色します。永久歯の象牙質ができてくる乳児から7歳くらいの間にこの薬を長期間飲むと象牙質に色素が沈着してしまい歯の色がかなり濃くなったり歯に縞模様ができたりします。色は薬の種類によってグレーや茶色、オレンジ色などさまざま。いずれにしても色が濃い場合には歯のクリーニングやホワイトニングだけでは白くする事が難しい場合があります。この他にも全身疾患によって歯の色が変わってしまうことがあります。

ッ素歯科材料を多量に含む水を長い間飲んだ)

歯の内部から変色しているので磨いても白くなりません。歯を削ってその部分を人工のもので置き換えて白くきれいにします。

虫歯の初期段階虫歯の最初は歯の表面の白濁です(光がなくなってチョークの様な感じに)。更に進行するとその部分の着色(茶色〜黒褐色)と同時に歯の表面から破壊されて行きます。放っておくとどんどん色が濃くなるだけでなく、虫歯が更に進行していきます。毎日の歯の手入れをすることによってくい止めることができます。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp