登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 顎関節症と女性の健康

顎関節症と女性の健康

顎関節症は、アゴのトラブルで若い女性を中心に増加しています。

顎関節症の原因は4つのタイプがあります。関節円盤やあごの骨が擦り減って変形しすべりが悪くなるタイプ、アゴの関節円盤がずれてクッションの働きをしないタイプ、アゴの関節が捻挫になるタイプ、アゴや噛み合わせが気になり心身的な症状を合併するタイプに分けられます。最近増えているのは、円盤のズレとストレスが合併したものです。
人間は困ったり緊張したりすると、顔がこわばったり奥歯を噛みしめたりします。また、ストレスが長期間続くとアゴを動かす筋肉が緊張し続けるために滑らか動きができなくなります。このようにストレスとあごは深い関係があります。
その他に、小さい子供の頃から柔らかいものばかり食べてきて、硬いものをかむ訓練が不足しているのでスムーズにアゴが動かせないとも考えられています。アゴが弱い人がストレスを感じると、歯を食いしばったりアゴの筋肉が緊張したりして、あごに負担がかかり関節円盤がずれたりするのです。 

顎関節症発症の原因としては、かみ合わせの悪さ、あごのケガによるものといった身体的なものと、日常的にあごに負担をかける食いしばり(噛み締め)のクセや姿勢の悪さといった習癖によるもの、そしてストレスや不安など精神心理的・社会的背景も発症の原因に。男女比では、7:3で圧倒的に女性に多いのもこの症状の特徴です。
現代の女性は顔が小さく、あごが華奢(きゃしゃ)、また家庭や仕事、子育てなど、さまざまな場面でストレスを抱えてしまうタイプが多く、知らず知らずのうちにあごに負担をかける生活習慣になっているのかもしれません。まずは、日常を振り返り、“自分のクセ”を確認するところから。 セルフケアとして有効なのは、口元のリラックス。
通常安静時には、唇を閉じた状態でも上下の歯は3mmくらいすき間が開いているのが正解。しかしストレスや噛み締めグセがある人は、この時も歯を無意識にかみ締めていることが多いのです。家事や仕事中のかみ締めに注意することはもちろん、リラックスタイムにも、唇を閉じて上下の歯を離し、顔の筋肉の力を抜くことを意識してみましょう。また、正しい姿勢を保つことも大切です。猫背やあごを突き出したような姿勢に注意し、長時間同じ姿勢で仕事する場合には、時々ストレッチを行って体の緊張をほぐしましょう。ストレスフルな生活環境を見直すことも忘れずに。 額関節症は、老若男女だれでも、かかる顎(あご)関節の病気の一つです。症状も様々で、顎の痛みや不快音から、頭痛など、症状の種類、重軽度も個人差があります。超音波スケーラーは大人気です。

治療には、歯科医院、整体、カイロ、精神科など、さまざまな科での治療スタイルがありますが、最も一般的なのは、歯科の口腔外科による顎のズレの治療です。このサイトでは、日本全国の口腔外科を地図付きでご紹介しています。ぜひ、額関節症治療に参考にしてください。

インプラント治療は、従来の治療方法に比べて、たくさんのメリットがあり、安心して受けることのできる治療方法です。長い人生において、さまざまな理由から歯を失ってしまい、物が咬めなくなったり、食事が制限されたり、口内や顎に悪影響を及ぼすなど、さまざまなデメリットを受けてしまっている人がいます。

そうした人々は、失った歯のかわりに入れ歯をしたり、ブリッジ治療をしたりしていましたが、従来の治療法には、治療をする際にたくさんのデメリットがありました。

顎関節症の原因の多くが、日常生活のなかで何気なくしている動作やクセであることがわかっていただけたでしょうか。あごに負担をかけているという自覚がないままくり返されるため、治療で治ったと思ってもまた再発することが多いのです。
顎関節症の治療は、原因がむし歯や歯周病であれば、それらを早期に根管治療することが第一ですが、多くの場合、患者自身が自宅で行うセルフケアが中心になります。次のようなセルフケアを行って、顎関節症の予防と再発防止に努めましょう。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp