登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 矯正治療を始める最適な時期

矯正治療を始める最適な時期

不正咬合や乱れた歯並びを正しい位置へと矯正する治療が「矯正歯科治療」です。治療の際には「ブラケット」と呼ばれる矯正装置歯科材料を使ったり、「クリアアライナー」、「インビザライン」という透明なマウスピースを使用したりして、歯を少しずつ動かして行きます。歯並びを美しく整えることで見た目が良くなることはもちろんですが、噛み合わせを改善することが最大の目的になります。

噛み合わせは全身の健康に影響を与える重要な要素。食べ物をよく噛めるようになり、消化や吸収を助け、内面から健康のサポートになるとばかりでなく、歯並びが整うことでブラッシングが十分にできるようになり、虫歯や歯周病を予防しやすくなることも大きなメリットだと言えます。最近では、矯正歯科治療を希望する大人の方がとても増えています。年齢に関係なく、矯正歯科治療を受ければ歯並びはより良くなります。矯正歯科の目的は、美しさを取り戻すだけではありません。悪い歯並びや不正咬合は、虫歯や歯周病、偏頭痛、肩こりなどの健康的な問題を引き起こす可能性がありますし、出っ歯や受け口、乱ぐい歯などの歯の乱れによる精神的コンプレックスは審美的問題といったマイナス要因を引き起こしてしまいます。矯正歯科治療はそういった問題を解消し、また、自信を得た笑顔は表情筋を鍛え、アンチエイジングの効果をもたらしてくれます。超音波スケーラーは大事です。美しい歯並びから健康につながれば良いと考えています。 6才未満のお子さまは、まだ患者さま自身が歯並びの問題を理解し、治療の必要性を本人が認識して納得するのが難しいことだけでなく、実際の治療の協力を得ることが難しいため経過観察をする場合が多いですが、早期に治療を始める方が望ましい場合もあります。気になったらまず矯正歯科医に相談をしてください。 

ある症状の人は6才頃からの開始が最適であったり、永久歯が生えそろう中学1年生頃が最適であったり、またある人はあごの成長が落ち着いた高校卒業の頃が最適であったりと、症状により治療を始める最適な時期はそれぞれに異なります。保護者が適切な時期を判断することはまず無理です。一般歯科医でも難しい場合があります。歯並びのことが気になったら、まずは矯正歯科医に相談することをおすすめします。そして、その先生の話をよく聞き、適切な時期に治療を開始しましょう。 

また、中にはお子さんの咬合異常に気付いておられない親ごさんもいらっしゃいます。患者さんは、噛み合わせや歯並びに関しては素人なわけですからこれも当然といえます。こういった方は、6才臼歯と上下の前歯2本がはえ替わったタイミングで受診されるといいと思います。

大人の矯正では、治療が成長・発育の影響を受けませんので、ご自分が気になった時点で受診されればと思います。

大人の患者さんは最初かなり不安をお持ちになる様子です。私自身も26歳の時、2年半かけて矯正治療を受けた経験者ですからその気持ちはよく分かります。
現在アメリカでは、子供の時代に矯正ができなかった方が大人になり、どんどん矯正を始めています。十分治療が可能だからです。
あえて子供と比較してディメリットを挙げれば以下の2点だと思います。
1:大人になるに従い顎の骨はだんだん固くなっていきますので、歯の動きが遅くなる(治療期間がやや長くなる)。
2:歯を抜いて矯正する可能性がやや高くなる。(顎の骨の成長が終了しているため)。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp