登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯科恐怖症

歯科恐怖症

 歯科恐怖症とまでは言わなくても、ほとんどの方は虫歯治療や歯科医院をニガテと感じるのではないでしょうか?

歯科恐怖症とは、歯科医や虫歯治療に対する不安や恐怖感が極端に強い状態を指します。子供の頃の虫歯治療がある種のトラウマとなっているケースが多いようです。

泣きながら歯医者へ引きずられていった経験や、痛い・怖いのを回りに理解してもらえずに、ムリヤリ治療された経験が積み重なって、歯医者は痛い、歯科機器怖いと言うイメージが出来上がってしまったというわけです。いざ診療台に座るとパニックを起こしてしまうほどの強い不安を訴える人が該当すると言われています。酷い場合ですと、歯科医院の前を通過しただけで吐き気が起こることさえあります。

原因にはさまざまな要素があるといわれてますが、もっとも多いといわれているのが子どもの頃のトラウマ。 泣きながら親に引っ張られて強引に治療を受けさせられた、治療が痛くて苦しんでいるのにかまわずに治療を続けられた、 といった過去の記憶がトラウマとなり、恐怖心を植えつけてしまっているという例です。

虫歯は治療を受けなければ治りません。それどころか症状が悪化してしまうこともあります。そうなればますます治療が難しく、 痛みが伴う可能性が増すことになります。虫歯の痛みを我慢しきれずに必死の思いで治療を受けたらやっぱり痛くて恐怖がますます高まってしまった、 といった悪循環にはまってしまうこともしばしば。歯科恐怖症の克服は簡単ではありませんが、虫歯が悪化する前に治療を受けたり、予防目的の検診を受けるなど、痛みを伴わない施術から少しずつ慣れさせていくことが重要になります。 また、無痛治療の選択や、信頼できる腕のいい歯科医を見つけることも重要な対策として挙げられるでしょう。

歯科恐怖症を克服するには、歯科を受診する必要があれば、自分のペースでゆっくりと歯科の雰囲気に慣れるようにつとめることです。歯科医師に歯科に恐怖を持っていることを伝え、場合によっては 笑気麻酔法や静脈鎮静法などで痛みを少なくしてもらうのも有効です。
現在では、歯科恐怖症に理解のある歯科医師も徐々に増えてきていますので、口コミやインターネットなどで歯科の情報を収集することも問題解決につながります。歯科を受診できないと、歯の病気が進み、全身の病気にもつながり、とりかえしのつかないことになるおそれもあります。場合によっては精神神経科とも相談して、恐怖症として克服することが必要です。 

静脈内鎮静法は、治療前に鎮静剤を静脈内に点滴し、患者の意識レベルを下げる方法です。 

全身の感覚は鈍っている状態ですので痛みなく楽に検査を終えることができましたが、 
おそらくこの歯科治療における麻酔でも恐怖心が薄れ、負担なく治療が行なえるものと思われます。

以下、静脈内鎮静法歯科材料箇所から引用します。歯科治療中の過度のストレスは、時に神経性のショック(反射)などの偶発的事象の原因となり、 高齢者などでは循環器疾患や脳卒中といった重い合併症の誘引になることが指摘されている。 静脈内鎮静法は、こうした精神的緊張を和らげる管理手法として普及しつつある。 臨床的には意識がなくなるまで深くない(意識下鎮静)ため、気道確保が可能で、 医師の指示に患者が反応することができる。副作用としては、呼吸抑制や舌根沈下などの軽微なものが ほとんどで、適切な実施により治療への有用性が認められている。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp