登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 口角炎について

口角炎について

風邪を引いたり、胃の調子がよくないときなどに、口角炎になってしまう人もいるのではないでしょうか。誰しも経験したことがあるポピュラーな病気といえます。口の両端が切れてしまい、口を開けると痛む…そんな口角炎の原因は、一体何なのでしょう?原因として考えられるのはブドウ球菌を細菌類や、カビの一種カンジダ、ウイルス、薬剤などがあります。さらに、アトピー性皮膚炎やビタミンB2欠乏症、糖尿病、慢性の下痢というような原因も挙げられます。口角炎は基本的には子供から大人まで幅広い年代で発症しますが、その中でも特に小さな子供と高齢者に多く見られます。子供では男の子、高齢者では女性に発症しやすいといわれています。 

そんな口角炎の原因には、様々なものがあります。 まず、カンジダやヘルペスウイルスなどの細菌による感染があるといわれています。 また、よだれが多い人や、唇をなめる癖がある人も、感染しやすいといわれています。 さらに、ビタミンB2、B6の不足や貧血なども原因になるとされています。 口角炎は、原因をある程度特定できれば、治療法も限られてきて治療しやすいのですが、口角炎には様々な要素が絡み合っているため、なかなか治りづらいというのが実際のところです。超音波スケーラーは大事です。
時々しかならないという方は一般的な治療法で十分ですが、度々かかるという方は、皮膚科や耳鼻科に相談してみることをおすすめします。 口角炎の症状は口の横の部分が切れて炎症を起こした状態をいいます。口を開閉することで痛みが生じたり、さらに亀裂ができるため大変苦痛を伴います。 口角炎になった場合の治療法としては軟膏を塗ったり、抗生剤を投与してもらったりして治す以外にもビタミン補給で症状を改善させたりするそうです。

特にビタミンB2が不足すると口角炎になり易いため、ビタミンB2を積極的にとると良いそうです。その他、ビタミンCも治癒力を高める効果があるため摂取すると早期回復が期待できるようです。症状にあった治療法で対処していきましょう。口腔内カメラでよく検査しよう。

口角炎に関連する栄養素

ビタミンB2
ビタミンB2には、炎症を抑えて粘膜を保護する働きがあり、不足するとまず口角炎・口内炎の症状が出てきます。ビタミンB2は、水溶性で体内に蓄積できないため、毎日摂る必要があります。
ビタミンB6

ビタミンB6は、粘膜の強化に関わっていて、口角炎や口内炎等を抑えます。
ナイアシン
皮膚や粘膜の健康を保ちます。
ビタミンA
口角炎を繰り返さないために、細菌に対する抵抗力を強化し、皮膚や粘膜を健康に保つ働きのあるビタミンAをきちんと摂るようにしましょう。
ビタミンC
炎症がひどく痛むときは、傷を治す働きのあるビタミンCをこまめに摂るようにしましょう。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp