登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 舌苔と口臭の対策ガイド

舌苔と口臭の対策ガイド

舌苔も口の中に過剰に増えてしまうと口臭の原因になると言われています。もし過剰に舌苔がついているようでしたら除去するようにしましょう。結構歯磨きではや歯茎を磨くけど舌は磨かないと言う人が多いですよね。口臭を予防、対策するうえでは抑えておきたいポイントでもあるのです。舌苔は細菌や粘膜からはがれた舌の粘膜、食べカスなどが成分となっています。特に食べカスによる舌苔の増加が多くの人に見られる傾向でもあるのです。食べカスが舌にのこってしまうと細菌がそれを餌として増加し、舌苔が増えます。

舌苔が増える事によって細菌がそれを餌とする事により口臭が発生するのです。 舌苔が過剰に増えてしまうと口臭の原因となってしまうのですが、逆に舌苔があるからと言って除去のしすぎもよくないのです。除去しすぎてしまう事により舌を傷つけてしまうことで口臭を発生させてしまう場合もあるのです。多少舌苔が残っている程度では口臭の原因とならないのでそこまで神経質になる必要もありません。超音波クリーナーは必要です。

また、舌苔は食生活や体調などとも密接に関係している部分があるようです。舌苔が黄色い色をしている時は体調が原因している場合もあるのでしっかりと体調を整えるようしましょう!口臭に関係があるという舌苔は、舌を思い切り前に突き出す事で、ご自身の状態をじっくりと観測することができます。舌苔は口臭とも関係があると言われていますけれども、まずはご自身の舌苔について、良く観察するところから始めていきましょう。

 口臭の原因であるという舌苔は、基本的に、きれいなピンク色であるはずの舌が、黄色や、黒色のコケのようなものがべっとりと着色しているような状態になってしまった事を言います。口臭の原因と言われる舌苔は取らなければならならず、歯科医でも積極的にこの舌苔の除去を進めてきたと言われています。ですけれども、最近の医学では、もしかしたら、この舌苔の方が良いとさえ言われているのです。口臭は実際のところ、舌苔はあまり関係しておらず、逆に舌苔があること自体が、口臭を予防しているのではないかと言われている意見もあるくらい、意見の割れた存在とされています。

この舌に付着した汚れ(プラーク)は舌のヒダの細かい突起の表面に付着していますので、その量は想像をはるかに超える量となります。舌苔が口臭の原因と言われているのはそのためですが、前述の通り、舌苔のすべてが汚れ(プラーク)ということではありませんので、口臭ケアという理由で舌苔を取りすぎないようにご注意ください。舌苔の正体がプラークや汚れだけではない理由として、例えば風邪をひいている時や、お酒を飲んだ翌朝などは、普段よりも分厚く舌苔が付着していることが確認できます。また、口呼吸や薬の副作用による唾液量の減少でドライマウス状態になっているときには舌苔が付着しやすい口内環境になっています。これを読んで、もしかしたら、舌のよごれが口臭の原因になっていたのでは?と思った人は試してみてください。舌をきれいにすることで、口臭が治まるかも知れませんよ。超音波スケーラーは大事です。

このように、口臭と舌は、もっとも深い関係なのです。毎日、鏡で顔を見るように、舌の状態も毎日しっかりチェックすることで、自分の健康状態を知り、口臭の元となる舌苔(ぜったい)の掃除を欠かさないようにしていきましょう!きっと良い結果が得られることでしょう。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp