登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口内炎の特徴と主な症状

口内炎の特徴と主な症状

朝起きて気がつくと口の中にできているのが口内炎です。食事のたびにしみて痛いし、食事も美味しくなくてガッカリします。 中にはしょっちゅうできてしまう人も。「あっ!口内炎できている」と憂うつになる人も多いのでは?というわたし自身も口内炎によく悩まされている一人です。口内炎は、口の中の粘膜に起こる炎症です。症状はさまざまで、直径わずか数ミリから1センチ程度のものなのに、出来てしまうと1日が台無しです。

頬や唇の内側、舌などを噛んでしまったり、口の中や歯肉を傷つけたり、辛い食べ物などの刺激からできることもありますが、風邪などで疲れてしまっても、免疫力が落ちてしまいできやすくなります。口腔内カメラで検査すると、とくに睡眠・ビタミン不足やストレス・タバコ、暴飲暴食も原因になりやすいみたいですね。 

口内炎はその名の通り「口の内部で起こる炎症」のことです。口の中では、食事や発声などの際に歯で頬の内側を傷つけることなど様々なトラブルが起こっているため、口内炎を発症する恐れが常にあるのです。口内炎は、口の中が傷つくなどの影響によって傷ついた箇所が潰瘍化することで発生します。口内炎は多くの場合、赤くなった瘢痕状または白い水ぶくれ状になります。口内炎の色は、血液や食べカスなどに影響されていて症状や種類によっても色が変化します。口内炎の症状としては、炎症が起こっている部位の痛みが挙げられます。この痛みは何もしていない時に起こる場合と、食事をしている時に起こる場合があります。食事中は、口の要領を最大限に活かす必要があるためどうしても食べ物が炎症を起こしている部位に接触して痛みを生じさせてしまうのです。痛みがひどい場合は、滲むような出血を引き起こし、口の中をボロボロにしてしまうことも在るのです。また、口内炎は痛みだけでなく口臭が発生することもあります。

口内炎ができるとすぐに思い浮かぶのが、ビタミン不足で、素早くビタミンを摂取するというのは有効です。果物には、ビタミンが豊富なものがたくさんあるので、食事の際、デザートとして、果物をしっかり摂ると、口内炎の予防になります。

口内炎で、柑橘系が患部に沁みると言う人は、ジュースなどでビタミンを補給するのがベストです。また、野菜にもビタミンを多く含んでいるものがたくさんあるので、口内炎を治すために、緑黄色野菜を積極的に摂るといいでしょう。

口内炎の治し方が書いてある書籍などもあるので一度見てみるのもよいかもしれませんね。口の中(口腔といいます)は、食事をしたり、呼吸をしたり、しゃべったりするために常に外部と接しており、細菌・ウイルス・ほこりなどが付着・侵入する可能性の高い部分です。鼻や、内臓に通じるのどともつながっているので、部位によりさまざまな粘膜で覆われて防御されていますが、侵入した細菌などによって炎症を起こすことがあります。超音波スケーラーは大人気です。

「口内炎」とは、ほおの内側や歯ぐきなどの口の中や、その周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。その中で、特定の場所にできる場合は、歯ぐきにできれば「歯肉炎」、舌にできれば「舌炎」、唇にできれば「口唇炎」、口角にできれば「口角炎」と呼ばれます。患部は潰瘍(粘膜がえぐれてできる穴)になったり水疱になったりします。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp