登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 口内炎の原因と予防法について

口内炎の原因と予防法について

口内炎は、体調を崩したり、身体に何らかの慢性疾患などが原因となってできやすくなります。口内炎ができるとなかなかなおりにくくなります。慢性疾患がある原因で起こっている口内炎は、その原因解消のためにも体調のコントロールが対症療法とともに大切になります。体調が不良の場合は、十分な栄養補給と休養が大切になります。

口のなかは体調の鏡といわれています。体調がくずれると、口内炎など周囲にいろいろな病気がでてくるので体調の鏡と表現されます。事実体調の良し悪しは、、口内炎などの発症に反映します。口の両端がただれたり、切れたりする病気があります。口を大きく開けると、その部分がひきつれて痛みますし、ときには出血をします。
このタイプの口内炎は、口角炎といわれていますが、口角炎の原因になっているのが、ビタミンB2が足りないところからきています。口角炎という口内炎を起こすビタミンB群の不足 ビタミンB群は、B1、B2をはじめ数種あって、総合してビタミンB複合体をといますが、その作用は、食べ物を分解する酵素の作用を助け、エネルギーとして利用するときの酵素の作用も助けます。 

口内炎の治し方で一番一般的なのは、薬歯科材料を使う方法でしょう。インターネットなどで調べても、多くの人が口内炎の治し方に薬を紹介されていますよね。しかし、出来れば薬を使いたくないという人も多いのではないでしょうか。そういった人のために、食べ物を使った口内炎の治し方を考えてみましょう。どういった食べ物が、口内炎にはいいのでしょうか。口内炎によい食べ物について調べてみましょう。口内炎の治し方として、ビタミンを多く摂取しようと書いてあるものが多いですね。ということは、食べ物もビタミンを多く含むものがいいってことですね。すぐに思いつくものであれば、果物。そして、緑黄色野菜なんかもビタミンが豊富な食べ物として有名ですよね。
また、調味料などでいえばお酢。飲み物でいえば、麦茶や緑茶なども口内炎によいものとして紹介されています。ビタミンを多く含む食べ物として挙げたものは、口内炎を治す方法としては食べて栄養を摂取するということです。ただし、即効性はあまり期待できないようです。
お酢や麦茶などを利用した治し方は、殺菌効果があるものだから薬ほどはないのですが、口内炎が治ることに加えて予防効果も期待できます。このように、薬を使用しない口内炎の治し方・予防にもいろいろとありますね。食べ物などから口内炎を治す方法は、体のためにもなるし一石二鳥ですね。 口内炎や口角炎は、体調が疲れていたり風邪をひいて抵抗力が弱まっているときにできやすいもので、ちょっとした粘膜の刺激だけでもできる場合があります。
この粘膜の炎症を起こしにくくし、治りやすくするために重要な栄養素は「ビタミンB2」と「ビタミンC」です。このうち、「ビタミンB2」の大切さははまだあまり皆さんに知られていません。そこで、まずどんな食品に含まれているのか見てみましょう。 口内炎に効く対処法は、口腔内を清潔にすることやストレスの解消とかがありますが、なんといっても栄養のバランスの取れた食事を摂ることが口内炎を治す近道です。超音波スケーラーを薦めます。

まず、食事の味付けは薄味にしましょう。刺激の強い物、甘すぎる、塩辛い、酸っぱい物、極端に苦い物など水分の少ない料理など直に刺激がある物は控えましょう。カレーやキムチなど香辛料が強い物も控えましょう。消化しやすい柔らかい物、きざんでやわらく煮込んだ料理も口内炎には向いていますし一度に多くの栄養を補給することが出来ます。牛乳やヨーグルトなど粘膜を保護する食品も有効です。ビタミンB1、B2、B6が不足した場合口内炎になりやすいです。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp