登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 抜かない矯正について

抜かない矯正について

歯並びは顔の形や表情に大きく影響し、魅力的な表情や笑顔を演出する重要なポイントになります。歯並びの美しさは、そのまま美しい笑顔につながるのです。

「矯正歯科」とは、出っ歯や受け口などの歯並びを改善し、キレイに治す治療を行う歯科医院のことです。見た目をキレイにすることはもちろん、歯並びが整うことで発音障害の改善にもつながります。また、歯みがきもしやすくなるため虫歯も防ぐことができ、歯の寿命を延ばすことにもつながるのです。

抜かない矯正(床矯正)とは、健康な歯をできるかぎり残していこう、という考え方にたった矯正歯科の治療法です。あごの幅を広げて歯並びを改善しますので、歯の並ぶスペースを作るために歯科機器別の健康な歯を抜くようなことは極力いたしません。

口腔内カメラで検査すると、また、床矯正では歯並びの問題を生活習慣の面からも改善していきます。咀嚼訓練(噛む力のトレーニング)を行い、歯並びに悪い影響を与える習慣を直していくことで、歯とあごが正常な機能を発揮できるようにします(バイオロジカルな治療)。

元からあった歯がきれいに並び、噛む力がしっかりとつけば、顔を形づくっている上あご・下あごの骨の成長がうながされます。そうして、顔立ちも立体感のある整ったものになっていくのです。当クリニックでは、床矯正治療を通じて子供たちの「よい顔」をはぐくんでいきたいと願っています。

矯正において、抜くか、抜かないかは昔からの論点であります。
ここでは抜くがいけないと言うことではなく、抜かない(非抜歯)という事から考えてはと思います。おそらく抜くの場合、第一小臼歯を4本抜くことが多いと思います。
なぜ、ここが抜かれる対象か?簡単です。一番仕事をしていなそうだからです。果たしてそうでしょうか?
最近では盲腸ですら症状が重篤でなければ投薬で抑えておこう、わざわざ体にメスを入れる必要はない。そう考えられています。第一小臼歯は盲腸と違い、明らかに咬合(噛む事)に関しては必要であります。仰向け時の顎の安定を担っています。人間の体は必要ないのなら退化するのです。親知らず、盲腸ここは退化していません。だいいち、炎症も何も起こしていないのに抜く(抜歯)のです、感覚的におかしいと思いませんか?
虫歯や歯周病ならまだしも、何も悪くないのに、麻酔して、針刺して、器具を口に入れられ、出血させられるのです。それを四回も・・・ 

家を建てることは一生で一度の大きな買い物だと言われますが、矯正治療も、一生に一度しか行わない大変な治療です。せっかく矯正治療をしたにもかかわらず、治療の結果によっては、顎間接にいろいろな問題が生じ、
「治療してから、体調がおかしくなってしまった」
「せっかく治療したのに、何年か経過したら元のようにガタガタに戻ってしまった」
など、後悔の言葉を耳にします。

また、治療途中でも、
「治療に入ったら、歯科医師の態度が急に冷たくなった」
「何を質問してもいやな顔をして、面白くなさそうにする」
「他のクリニックに転医したい」
など、歯科医師と患者さんとの人間関係のもつれで、そのクリニックの選択を後悔している人の話もよく耳にします。

矯正治療は虫歯の治療と違って治療費も高額で、治療中は外見的にも違和感も多くあり、治療途中で転医することは難しい場合がほとんどです。トラブルが発生すれば、その代償が大変高くついてしまいます。矯正治療の結果に満足できる人と後悔する人の分かれ道は、どこにあるのでしょうか?それは、矯正治療前に、十分納得してから治療に取りかかっているかどうかが最大のポイントになります。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp