登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 病的な口臭とは

病的な口臭とは

病的口臭について見ていきましょう。病的口臭とはその名前の通り、身体的な病気が原因で起こる口臭のことです。生理的口臭とは対照的に本人には自覚症状があまりなく、他人からするとかなり強い臭いである場合が多いと言われています。原因としては、虫歯や歯周病といった口内の異常や歯石の付着といったものが最も多いと言われています。口腔内カメラでよく検査しよう。
他には胃腸や肝臓、消化器や呼吸器系の病気、糖尿病などが原因で起こる場合もあります。また、蓄膿症や慢性鼻炎といったような病気から口臭が起こることがあります。病的口臭は慢性的なものであり、本人には自覚症状が薄いため、本人が気付かない場合は州の人々が注意してあげることも必要です。
病的口臭を解消するには、そのもととなった病気の治療が必要です。そのため、口臭がおかしいと気付いたときには速やかに医師に相談するのが有効でしょう。また、病的口臭は口臭だけを抑えればいいというものではありません。病的口臭の原因は病気からくるものがほとんどですので、その病気を治療すれば、必然的に消えていきます。病的口臭のその特徴があるのですが、ご本人はその口臭に慣れてしまって、気づかないことが多いです。しかし、周りの方々は気づいていますので、口臭を防止というよりも、病的口臭の場合は、専門医に相談し、その原因となる病気を直ぐに治療することをお勧めします。

口の中にはたくさん細菌が存在し、それらが口内で物質などの分解を行う際不快な臭気を出します。これが口臭の原因です。この臭気は通常発生量が少なく、他者から感じ取られることはあまりありません。しかし、口内の疾患により細菌が非常に多くなった場合その臭気発生量が増え、それが他者から不快と感じられる口臭の原因となります。口内の洗浄が不十分だと歯垢がたまり細菌などによる組織分解が悪臭を発生させます。超音波クリーナー は大事です。

歯周病
歯周病や歯槽膿漏で出来た歯と歯茎の隙間のプラークで細菌がたんぱく質などの物質を分解し、その際にメチルメルカプタンなどの悪臭が発生します。

舌苔
舌の表面にに付く白い苔のようなもので、こららの細胞が細菌によって分解されると特に強い悪臭を発します。

アンモニア臭

ツンとしたアンモニア臭があるときは、腎臓低下や尿毒症の疑いがあります。

腐った肉のような生臭いニオイ

口の中の病気や鼻やのどの病気、呼吸器系の病気の疑いがあります。炎症を起こしている部分の皮膚組織が、化膿したりただれたりして菌が増殖し、そのようなニオイを放つようになります。そして、そのニオイが口臭になって出てくるのです。

カビ臭いニオイ

カビ臭いニオイがするときは、肝機能の低下や慢性肝炎などの病気が疑われます。肝臓で分解されるはずのニオイ物質が分解しきれないために、口臭となってあらわれるからです。肝臓の病気のときには、口の中が苦くなるともいわれています。病的口臭は口内(またはその他全身)の疾患に原因があり、その疾患が直接の原因となっていること例がとても多いです。それら疾患の治療を行うことで口臭も治すことが可能です。口内の自分で出来るケアや歯科での治療を行いましょう。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp