登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 肝臓が原因の口臭

肝臓が原因の口臭

病的口臭とは、病気が原因でおこる口臭のことをいいます。病的口臭の中で一番多いのが、虫歯や歯周病、舌苔、ドライマウス(口腔乾燥症)、口腔癌などの口腔内にみられる病気です。その他には、胃腸病や肝臓、糖尿病、呼吸器系の病気や耳鼻咽喉疾患でも口臭の原因となります。病的口臭は、口臭の原因となる病気がわかれば、その病気を治すことにより口臭は改善できます。病的口臭の特徴として、本人は口臭に慣れてしまって気が付かないこともあるので、注意が必要です。本人が自覚できない病的口臭に対して、周囲が迷惑するようならば、適切な方法で教えてあげることも必要です。 通常、体内に入った食べ物は、胃で消化され、腸で栄養素を吸収、分解してから、血液とともに肝臓に搬送されます。この際、食べ物のにおい物質は肝臓の働きによって分解されてしまうので、悪臭として体外に発せられることはありません。口腔内カメラでよく検査しよう。

しかし、肝臓の働きが不十分であると、分解されずに残ったにおい物質は肺までまわり、悪臭を持つ呼気として口から排出されます。これが肝臓が原因の口臭です。肝臓が原因の口臭は独特の悪臭を放っており、俗に「ネズミ臭」と呼ばれることもあり、さらに口内に苦味を感じたりする場合もあります。さらに重症化すると、口臭はかび臭さや卵が腐ったような臭いを発するようになります。

肝機能は、特に40代あたりから弱りはじめるといわれ、中高年の口臭の主原因ともなっています。超音波クリーナー で清潔を守ることは大事です。

歯科超音波クリーナー(5L)

 

肝臓は加齢とともに疲れやすくなり、機能が低下しやすくなります。それに加え、ウイルス感染による肝炎や、お酒や焼酎などの飲酒による過剰なアルコール摂取、暴飲暴食などの要素が加わると、肝機能が著しく低下します。最初は比較的自覚症状は少ないですが、肝硬変が徐々に悪化することによっていくつか症状が自覚することができます。肝臓は他の臓器と比べて、なかなか症状が出にくいものです。
そのために病気の自覚が遅くなり、ウィルス性肝炎に感染しても気が付かずにいることがケースが多いので注意してください。主な肝硬変の症状には疲労感や、無気力、食欲不振、貧血、黄疸、腹水などが挙げられます。万が一肝硬変の症状が重くなった際には、意識障害や昏睡状態などを引き起こす恐れがあります。
肝硬変により、肝機能が低下し解毒障害が起こると、口臭、肝性昏睡、黄疸、手掌紅斑(手のひらが赤くなる)、くも状血管腫などが起こるケースも考えられます。 肝硬変に口臭をするためには他にもいろいろな方法があるようです。そして現代の平均的な日本人の食事は既に高たんぱく高エネルギー食ですが、口臭を取り入れることで改善します。上手くバランスよく、適量をとることによって口臭を行っていくことが大切です。
実際のところ、日本で多いのはアルコール性ではなくウィルス性の肝硬変のようで、それにも口臭が効くみたいです。これらの情報は、インターネットでも集められますし、それだけ口臭という言葉が浸透しているということにもなります。
口臭をせず肝硬変になってしまうと、肝臓の働きの低下によるエネルギー不足に陥ってしまいます。身体の中がスッキリとしてきて、身体もよく動くようになってきたら口臭の効果が出てきたことになります。ずっと安静にしていると筋肉はいっそうやせ衰えてしまいますので、バランスよく食べるということを意識して口臭を心がけましょう。以前より、色々な効果があるということで口臭が有名になってきています。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp