登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 口臭を発生させる糖尿病

口臭を発生させる糖尿病

糖尿病になると、唾液が不足し、口の乾きを感じるようになります。唾液が不足すると、歯周病の原因となる菌などが増殖し、口臭が強くなります。糖尿病の人は歯周病になりやすいのです。

糖尿病になるとインシュリンが不足して糖の分解が進まなくなり、その代わりに体脂肪を燃焼してエネルギーを作り出そうとします。その時に、ケトン体というニオイの強い物質が発生し、甘酸っぱい口臭や体臭を生み出すのです。糖尿病のような病気が原因で発生する病的口臭の場合は、当たり前ですが、病気の治療することが口臭予防につながってきます。完治は難しい病気ですが、基本的な食事療法や運動療法などで体内をコントロールしゆく努力を日々施してゆきましょう。歯科x線でよく検査しよう。

口臭の中には、病気が原因の場合もあります。そして、糖尿病は、口臭の原因となる病気の1つです。この病気の主な症状として、血糖値が非常に高くなります。そして、血糖値が高まると、血液の流れも悪化します。そうすると、口の中の唾液の分泌量も減少し、その結果、口の中の細菌が増殖してしまいます。それが、口臭を発生させる原因となります。

また、糖尿病になると、体内に、ケトン体という物質ができます。このケトン体とは、どのようにしてできるのでしょうか?糖尿病の方の場合、インスリンやブドウ糖が不足すると、体内で、体脂肪を燃やしてエネルギーを作り出します。この際に、ケトン体という物質が発生ます。これが口臭の原因となり、この臭いは、他の口臭とは異なり、糖尿病独自の甘酸っぱい臭いを発するといわれています。

このように、糖尿病が口臭の原因となることもあります。この場合の口臭予防法は、病気を治すことが最も効果的ですが、そうでなくても、食後に歯磨きをして、食べカスが残らないようにしたり、唾液の分泌が良くなるように、水分をこまめに補給するなどの工夫をすることによって、症状を緩和することはできます。歯科材料は大事です。

糖尿病に発病してインスリンやブドウ糖が不足すると、体内ではエネルギー源とするために脂肪を燃焼しますが、この時に発生するのがケトン体です。このケトン体が呼気中に排泄されることで、糖尿病独特の口臭が発生すると考えられているのです。糖尿病のケトン体が原因で引き起こされる口臭は、甘酸っぱい独特の臭いを発すると言われています。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp