登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 慢性胃炎と口臭

慢性胃炎と口臭

突然ですが、あなたは自分の口臭が気になったことはありますか?気になりだしてしまうと、なんとなく人と会うのが不安になったりしますよね。でも、口臭って、一体何が原因なのでしょうか。

口臭には様々な要因がありますが、中でも口臭の一因として、慢性胃炎が挙げられることはご存知でしょうか。口臭は、口からする臭いと、胃(食道含む)などからする臭いとがあります。口臭の原因のうち、呼吸器疾患と並んで多いのが、胃腸疾患です。口腔内に特に問題はないにも関わらず、口臭がある場合は胃腸や内臓に障害が隠れている可能性があります。口臭の原因の9割が口腔内または胃から発生しているそうです。つまり、胃が弱っている場合は口臭がする可能性が高いということです。

慢性胃炎にかかると、口臭がひどくなる人が多いです。口臭の原因のなかで、呼吸器疾患と並んで多いのが、慢性胃炎などの胃腸疾患です。虫歯や歯槽膿漏など、口腔内に原因がないにも関わらず口臭がある場合には、慢性胃炎や食道炎など、胃腸や内臓に障害がある可能性が高いです。超音波スケーラーは必要です。

 慢性胃炎で口臭がする原因ですが、胃の病気を患っていると消化不良を起こします。消化がよくないということは、食べた物が胃の中で停滞している状態が長くなるということです。そうすると、飲食物が胃の中で異常発酵し、胃の中で悪臭を放つようになります。この悪臭が食道を逆流して口の中へ戻ってくる。これが、慢性胃炎などの胃の病気で口臭がする主な原因です。慢性胃炎などの胃腸の病気が原因の口臭は、卵の腐ったようなニオイがするのが特徴です。

 また、慢性胃炎の原因の一つに、「ヘリコバクター・ピロリ菌」の感染があります。このピロリ菌の完成が、口臭を引き起こすことが分かっています。ピロリ菌が胃に住み着くと、胃酸を中和する有害物質を放出するそうです。ピロリ菌によって中和されてしまった胃酸を補おうと、胃壁が胃酸を分泌した結果、胃酸過多といわれる状態になってしまいます。胃酸過多になると、胃酸の酸っぱい匂いが食道を逆流して口臭となって出現します。ピロリ菌は、慢性胃炎を引き起こし、さらに口臭を引き起こすという厄介な菌といえます。

胃の表面が白い苔が生えてきたかのように、真っ白い人っていますよね。この苔のようなものを「舌苔」と言うのですが、胃の調子が悪くて舌苔が多い人は、病的な口臭の場合が多いようです。毎朝鏡で自分の舌の状態で消化器の健康度をチェックするのも有効な手立てでしょう。漢方や鍼灸歯科材料などでは舌診って一般的ですものね。老若男女を問わず、話をする人に不快な思いはさせたくないもの。常日頃から胃の健康に注意することで、口臭を避けるようにしましょう。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp