登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 正しい歯磨き方法

正しい歯磨き方法

口臭の80〜90%が口腔内の原因で発生します。自分の「臭い」を気にする人が増える中、口臭の悩みは対人関係にも影響するためか多くの方が気にしているようです。しかし、実際には「息がくさい」と思い込んでいる人が大半ですので、考えすぎのきらいもあるようです。

口臭の「臭い」の80〜90%が、口腔内が原因で発生します。大きな虫歯、破折した歯、親知らず、歯周病 が原因と考えられます。また口腔内には、たくさんの細菌が存在しており、これらの細菌は、食べかすを腐敗し、その時に発生する臭いVSC(揮発性硫黄化合物)が口臭の大きな原因となります。 その他、耳鼻咽喉・呼吸器系・消化器系疾患、自律神経失調症、その他の全身疾患によるもの。唾液の分泌量が減少して起こるもの。服用中の薬剤による副作用等が考えられます。

口臭予防に絶対欠かせないものと言えば、正しい歯磨き方法です。歯磨きがきちんとできないのに、口臭がなくなるとは思わないで下さいね。そして、食べかすや歯垢(プラーク)を口腔内に残さない、溜めないということを意識して、普段の生活を過ごすようにすることが口臭予防につながります。

食べかすを口の中に残したままでいると、それが腐敗し発酵することによって、すぐに口臭の原因となりますし、歯科機器細菌の塊である歯垢(プラーク)を除去しないで放置しては、虫歯歯周病の原因ともなり、その虫歯や歯周病が口臭を発生させてしまいます。虫歯による口臭も結構臭いますが、歯根の化膿による膿の口臭はもっと強烈ですよ。

歯みがきによる口臭予防
できるかぎり、毎食後食べたら磨くようにしよう。朝、目覚めたらすぐに歯磨きすると、寝ている間に繁殖した細菌を除去でき、口臭をがばっちり抑えられます。夜寝る直前の歯みがきは、就寝中の細菌の発生を極力少なくできます。歯間ブラシマウスウォッシュ(口内洗浄液)を補助的に利用すると、より衛生的です。

あなたにぴったり合った歯ブラシとは、歯の大きさに合ったものを意味します。新しいものを買う時には、親指の幅をヘッドの目安にして下さい。親指の幅以上に大きなヘッドサイズは、あなたの口には大きすぎるはずです。細かい部分がうまく磨けませんので、汚れが残る結果になってしまい、口臭も発生しやすくなります。女性の場合は、歯が小さな方も多いですよね。その場合は、小さめのヘッドを選びましょう。大人用で良いものがなければ、子供用を選んでもOKです。 
ただし、口臭予防のためによく磨けるからといって、わざわざ子供用の小さい歯ブラシを買う必要はありません。大きな大人の口には、かえって磨きづらいことが多いんです。その結果、ブラッシングの際に力を入れすぎて、歯ぐきを傷めてしまうケースもあります。また、ブラシの硬度は普通クラスがおすすめです。硬いとよく磨ける気がしますが、歯ぐきを傷める可能性の方が高いのです。
口腔内カメラでよく監査しましょう。 

歯石や歯垢について ですが、歯石は自分ではとる事はできません。歯垢は 小さめの歯ブラシで歯を一本一本 丁寧に磨くことで取れるものです。歯医者さんが言ってましたが 歯磨き粉は付けなくても良いそうです。しかし 歯垢も 溜まりにたまって 自分で除去できないくらいになっている時は、専門的なスタッフに汚れを取ってもらう必要があります。一度、歯科医に行きましょう。歯の磨き方や歯垢のとり方など 正しいやり方を教えてくれます。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp