登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口臭予防と歯磨き

口臭予防と歯磨き

口臭予防のためには、あなたにぴったり合う歯ブラシ選びが大切になります。口臭を防ぐには、まず口の中を清潔に維持することから始めなくてはいけません。そのためにも、きちんと汚れを取り除くことができる歯ブラシが必要になってきます。歯の汚れは歯の表面だけでなく、歯のすき間や歯ぐきのポケットにまで入り込んでいるからやっかいです。また、歯の大きさや歯並びは、人によってもさまざまですよね。ですから、誰にでも合う歯ブラシというのはないのです。超音波スケーラーで清潔を守ることは大事です。 

あなたにぴったり合った歯ブラシとは、歯の大きさに合ったものを意味します。新しいものを買う時には、親指の幅をヘッドの目安にして下さい。親指の幅以上に大きなヘッドサイズは、あなたの口には大きすぎるはずです。細かい部分がうまく磨けませんので、汚れが残る結果になってしまい、口臭も発生しやすくなります。女性の場合は、歯が小さな方も多いですよね。その場合は、小さめのヘッドを選びましょう。大人用で良いものがなければ、子供用を選んでもOKです口臭の80〜90%が口腔内の原因で発生します。

自分の「臭い」を気にする人が増える中、口臭の悩みは対人関係にも影響するためか多くの方が気にしているようです。しかし、実際には「息がくさい」と思い込んでいる人が大半ですので、考えすぎのきらいもあるようです。

口臭の「臭い」の80〜90%が、口腔内が原因で発生します。大きな虫歯、破折した歯、親知らず、歯周病 が原因と考えられます。また口腔内には、たくさんの細菌が存在しており、これらの細菌は、食べかすを腐敗し、その時に発生する臭いVSC(揮発性硫黄化合物)が口臭の大きな原因となります。 その他、耳鼻咽喉・呼吸器系・消化器系疾患、自律神経失調症、その他の全身疾患によるもの。唾液の分泌量が減少して起こるもの。服用中の薬剤による副作用等が考えられます。

歯ブラシを15分もするなんて長すぎる!!歯や歯茎を傷めてしまいそう。歯の表面ばかりを磨く人が多いですが、歯の表面は何もしなくても、歯垢がつきにくい場所で、ついたとしても唾液や飲み物を飲むときに洗い流せる場所なので軽くなぞる程度で十分です。と思われる方もいらっしゃるでしょうが、正しい歯磨きをするには必要な時間なのです。
正しい歯磨きをすることで、約80%の口臭原因を防ぐことができると言われています。正しいブラッシングのやり方は、ガシガシと一気に歯を磨くのではなく、1本に1本丁寧にやさしく磨きます。磨く順番は特にありませんが、磨きにくい場所から順に行えば磨き残しが少ないとされています。
超音波クリーナー は必要です。 

「デンタルリンス」は別名「液体歯磨き」といわれるもので、練り歯磨きに相当する使い方をしなければなりません。つまり、口に含んですすぎ、吐き出した後に歯ブラシ等を使って「ブラッシングをする」必要があるのです。この「ブラッシング」を行わなければ、デンタルリンスを使って、せっかく浮き出てきた汚れを落とすことが出来ないのです。液体歯磨きの良いところは、歯ブラシの毛が届きづらいような細かいところまで、すっと入り込んでいって汚れを浮かせてくれるところです。ここでしっかりとブラッシングを行い、きちんと汚れを落としましょう。ブラッシングを行った後は、軽く水で口をすすいで終了です。

せっかく良い製品が数多く販売されているのですから、試してみない法はありません。しかしながら、試してみるからには、ボトル横などに記載されている使い方をよく読み、正しく使用することが、正しい判断を下す上でも重要であると私は思うのです。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp