登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 口角炎解消への方向付け

口角炎解消への方向付け

第1番目にに先ず自律神経失調を正常にすること。

第2番目交感神経の優位から全身の血行を良くし全身を温めます。
第3番目に胃腸など消化器系を正しくして栄養摂取をします。
第4番目にホルモンの分泌を正しくします。

動物は神経の中枢である脳幹から全身の神経へ伝達されて、心身の機能が正常に働くように本来出来ています。 この仕組みが壊れた状態で多くの疾病が起こります。即ち自律神経系の異常が大きな原因とされています。 大きなストレスやショックや心の負担は自律神経の恒常性を壊して、心身に異常を来たします。その結果血行障害や ホルモンの分泌の異常を訴えるようになると云われています。口角炎がなかなか治らないと心身ともに苦痛です。

市販の薬や食生活などで口角炎が治らない場合は早めに病院へ言って診てもらいましょう。市販の薬よりは処方薬のほうが効きが良いですし、隠れた病気の現われの場合もあります。口角炎になると「胃が荒れてるんじゃない?」などといわれたりしませんか?

確かに口内炎の場合は胃腸の調子が悪いと発症しやすいと言われていますが、口角炎の場合はあまり胃と関係ないそうです。口角炎になったからといって安易に胃腸薬などを服用しないようにしましょう。口角炎の治療にはビタミンの摂取が大変効果的だといわれています。初期症状が現れ始めたら、ビタミンB2をしっかり摂取しましょう。

すでに症状が悪化してしまっている場合はB2と合わせてビタミンCをしっかり取るようにしましょう。緑黄色野菜などから摂取するのもよし、マルチビタミンで補うもよしです。ビタミンCの摂取により症状の悪化を抑え治癒力を高めることができるそうです。

主な症状としては、口の両端にただれができたり、亀裂が入ったりして、かさぶたがついた状態になります。ただれのことを「びらん」とも呼ぶため、口角炎ではなくて「口角びらん」ともいわれます。アトピー性皮膚炎から発症した場合は、口唇炎を伴っていることがよくあります。口腔内カメラでよく検査しよう。また、口のまわり全体が乾燥してカサついた感じになります。軽い症状の場合は、痛みのせいで少し口が開けにくなる程度ですが、炎症が進んで症状が重くなると口が開かず、しゃべることも食事をとることもままならなくなってしまうことも…。超音波洗浄機は大事です。そのほか、赤い発疹、はれなどの症状が出ます。 口角炎は、上下の唇の境目あたりが切れてしまって、血が出てきたり、口を開けるたびに痛くなるという症状を示すものです。口角炎の原因にはいろいろありますが、カンジダやヘルペスウイルスなどの細菌が原因とみられる場合は、抗真菌剤や抗生物質などを塗ったり服用したりします。 よだれが多い人や唇をなめる癖がある人の場合は、その癖を直せば、改善が見られるでしょう。 ビタミン不足や貧血の人は、ビタミン剤やサプリメントを摂ったり、食事をバランスよくすることによって、改善が見込めるでしょう。超音波スケーラーは必要です。 
口角は粘膜とつながりがある部位なので、唾液が浸透しやすいのです。ですから、一度治っても口角炎は再発することが多い疾患です。また、治療の為に長期に渡って薬を塗布することがかえって悪化することもあります。ですから、普段からビタミン群を積極的に摂取したり口角炎の原因になる病気を予防するような生活習慣を身につけておくといいでしょう。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp