登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 口臭対策には舌苔の処理を

口臭対策には舌苔の処理を

舌苔(ぜったい)は、口臭の大きな原因といわれています。舌苔があるかどうかチェックし、きれいに清掃することは、効果的な口臭対策です。舌苔をチェックするには、よく観察し、色を見ます。色だけではよくわからない場合は、ティッシュペーパーや布なので、ふきとった後に、自分で匂いをチェックする方法があります。悪臭を感じる場合は、強い口臭を発していると考えられます。

人気の口臭対策をまとめてみました。口臭対策には舌苔(ぜったい)を処理するのが良い。また、口臭の原因のほとんどが口の中にあると言われます。口臭の原因につながる疾患がなくても発生する生理的口臭の発生原因の約1/3が、舌(ぜったい)から発生しているといわれます生理的口臭はどんな人でも持っています。口臭のない人はいません。その生理的口臭のやく3分の1が舌苔(ぜったい)からということは、舌苔を処理すればかなりの口臭が抑えられるのではないでしょうか?
歯周病の口臭は、歯肉から発生すると一般に知られているようですが、実は多くが舌苔から発生しているのです。口腔内の粘膜は皮膚の垢(あか)と同じように、細胞が剥がれ落ちて、舌に白く溜まり腐敗するのが舌(ぜっ)苔(たい)です。事実、口臭の6割が舌苔から発生しているとまで言われます。歯科機器は必要です。
現代人は咀嚼回数が減って、歯でモノを噛まなくなってきています。食事を歯できちんと噛まなければ舌苔は増えるのです。食べ物は歯を汚しますが、噛まないと舌は汚れます、つまり「かむこと」で舌はキレイになります。舌苔の処理は手軽に行える口臭対策です。 もし、舌苔を取るのであれば、1回で取ろうとはせず何回かに分けて取るようにしましょう。用意するものは、タオルやガーゼです。

それらを指に巻き付けて舌の奥から手前に向かって程良い加減で3〜4回拭いてください。舌の裏も、軽く拭くくらいで十分なのです。歯ブラシなどでのブラッシングは味覚神経や舌の表皮に好ましくないので避けた方がいいでしょう!また、口臭の原因の60%程度が、この舌苔であるともいわれています。
舌苔があれば、口臭が発生している可能性が高いといえます。

① 舌に、白色~淡黄色の汚れがついていないか見てみる。
② ティッシュや布などで軽く拭き取って、ニオイをかいでみる。

強くこすりすぎると、舌を傷つけてしまいますので、あまり力を入れすぎないよう注意してください。舌が傷つくと、更に舌苔が付着しやすくなり、悪循環になってしまいます。舌苔は、うがいなどでは簡単に取り除く事はできません。正しいお手入れの方法を知り、ケアすることが大切です。口腔内カメラでよく検査しよう。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp