登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 舌の口内炎を改善する方法

舌の口内炎を改善する方法

口内炎ができて、あるとき突然痛みを感じることがあります。そもそも口内炎は、食事の時などに誤って口の中を噛んだりすることによる傷ができもののように炎症を起こして発症することが多いようです。口内炎はその名の通り、口の中のできものなので、普通の皮膚にできるニキビや吹き出物と異なり食事たびに痛みが付きまといますので非常に厄介です。

さらに口内炎ができることで同じ場所を2〜3回噛んだりしてしまうこともあり、さらに症状が悪化すると、傷みのあまり食べ物どころかおしゃべりにも影響がでることもあるようです。最近では、口内炎に効くとされるたくさんの薬がドラッグストアなどでも売られています。以前は塗り薬が主体だったようですが、最近では飲み薬やうがいタイプのものなども登場しています。しかし、そんな薬(歯科機器)の効果も、利用者の口コミサイトなどの書き込み情報によれば、人によってはあまり効果がなかったり、使い勝手の悪さから実用的ではないなど、感想は様々なようです。

口内炎は、舌など口の中を噛んだことで傷ができて、そこから発症するできものですから、基本的には口内をいつも清潔にしておけば治りも早いはずです。舌の表面には細長い形をした糸状乳頭と呼ぶ組織がある。この表面に口の中で繁殖した細菌が付着したものが舌苔だ。歯のあたる部分や裏側にはできない。普通に食事をとっていればこすれて適度にはがれるが、年をとると唾液(だえき)の分泌量も減りできやすくなる。
歯磨きなどを怠って口の中を不衛生にしておくと、できやすくなると思っている人は少なくないが、健康な人でもうっすらと白い舌苔が付着しているもの。逆に舌苔が全くなくピンク色できれいに見えるつるつるした状態は、体調が崩れた場合に起きやすい。舌がぴりぴり感じることになる。白く分厚い舌苔が慢性化すると、口臭を引き起こす。食べ物の残りかすがとどまりやすく、菌が増殖してにおいのもとになる硫黄化合物が生まれやすくなるからだ。
チェックするだけで、清潔で健康な舌をしているかどうか分かります。本来、健康な舌というのは、表面が「ピンク色」をしています。舌が乾燥していると、細菌が増殖しやすくなることもありますので、舌の色が白、黄白色となっているでしょう。同じく、胃腸が弱い人、体調が思わしくない人も舌の色が白や黄白色をしています。仮に、そのような舌の色がしていたら、まずは、体調管理を見直すといいでしょう。食生活も含めて規則正しい生活を送るだけでも、健康な舌を維持できます。しかし、それでも舌苔は蓄積されてしまう人もいることでしょう。舌苔が蓄積させていくと、それに比例して口臭もひどくなりますので、早目にケアをすることが大切です。
舌苔の除去にはいろいろありますが、避けてほしいのは刺激の強い歯ブラシなどで擦ることです。力強く擦ると、舌乳頭を傷つけてしまい、さらに悪化することもあります。さらに、舌乳頭が傷つくと味覚障害になる可能性が出てきてしまいます。通常、舌苔は早朝に多く発生しますので、起きたら舌の様子をチェックしてみましょう。舌苔があるようなら、舌苔ケア用の専用ブラジやクリーナーを使って、優しく擦るようにしましょう。超音波スケーラーは必要です。
また、舌のケアをするタブレットでもいいでしょう。舌が乾くと、舌苔が発生しやすいので、食事の時は食べ物をよく噛み、唾液をたくさん分泌させましょう。この唾液が自浄作用をしてくれますので、意識してたくさん噛むようにしましょう。 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp