登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 舌苔は口腔内を支配する悪臭

舌苔は口腔内を支配する悪臭

舌の表面には、小さな乳頭と呼ばれる絨毯のようなヒダ(糸状乳頭)が無数にあります。この糸状乳頭は、舌の中央と奥の方に密生しています。実は、舌はこのヒダが無数にあるために、常に食べ物等の汚れが付きやすい状態にあります。舌の表面に付いている白い舌苔には、歯の表面に付着している歯垢と同じものも付着しています。つまり舌についたプラークというわけですが、その大半は、食べ物の残渣物や口の中の細菌とその細菌が代謝したものです。それを舌の表面から少し取って臭いを嗅いでみると悪臭がします。これが口臭の原因になっているわけです。この舌に付着した汚れ(プラーク)は舌のヒダの細かい突起の表面に付着していますので、その量は想像をはるかに超える量となります。歯科x線は大事です。

舌苔が口臭の原因と言われているのはそのためですが、前述の通り、舌苔のすべてが汚れ(プラーク)ということではありませんので、口臭ケアという理由で舌苔を取りすぎないようにご注意ください。舌苔の正体がプラークや汚れだけではない理由として、例えば風邪をひいている時や、お酒を飲んだ翌朝などは、普段よりも分厚く舌苔が付着していることが確認できます。健康な人でも舌苔があります。たとえ舌苔があったとしても、口臭に影響はありません。苔が厚く目立つようになってくるとや味覚異常や違和感を覚え、口臭がひどく気になります。体調によって舌苔の色や量が変化しますので、日ごろから規則正しい生活を送るようにしましょう。
舌苔の原因が疾患から起因するのであれば治療します。その場合は、無理に舌苔を歯ブラシなどでゴシゴシと除去するようなことは避けてください。無理に取るようなことは粘膜を傷つけ、他の病気につながってしまいます。日ごろから規則正しい生活を送るとともに、舌を使って十分に食べ物を噛んだり会話したりと意識して行い、新鮮な唾液の分泌を図ることが大切です。 舌苔が原因で口臭を放つことがあります。
ところで、今、あなたの舌苔はありますか?今一度、鏡でチェックしてみましょう。チェックするだけで、清潔で健康な舌をしているかどうか分かります。本来、健康な舌というのは、表面が「ピンク色」をしています。舌が乾燥していると、細菌が増殖しやすくなることもありますので、舌の色が白、黄白色となっているでしょう。口腔内カメラでよく検査しよう。
同じく胃腸が弱い人、体調が思わしくない人も舌の色が白や黄白色をしています。仮に、そのような舌の色がしていたら、まずは、体調管理を見直すといいでしょう。食生活も含めて規則正しい生活を送るだけでも、健康な舌を維持できます。しかし、それでも舌苔は蓄積されてしまう人もいることでしょう。舌苔が蓄積させていくと、それに比例して口臭もひどくなりますので、早目にケアをすることが大切です。 ところで、今、あなたの舌苔はありますか?
今一度、鏡でチェックしてみましょう。チェックするだけで、清潔で健康な舌をしているかどうか分かります。本来、健康な舌というのは、表面が「ピンク色」をしています。舌が乾燥していると、細菌が増殖しやすくなることもありますので、舌の色が白、黄白色となっているでしょう。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp