登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 胃腸の病気と口臭の関係について

胃腸の病気と口臭の関係について

胃腸が悪いのは口臭の原因になりますか?昔から胃腸の調子が悪いと口臭が出ると言うのは定説のようになっていますね?しかし実は、胃が悪いからといっても直接口臭の原因とはならないことが分かっています。口腔内カメラでよく検査しよう。

直接といった表現を用いましたが、胃が悪くても絶対に口臭にならないという訳ではないからです。普通、胃が悪いと胃の中の臭い匂いが直接口から出てきそうですが、そうはなりません。胃と食道の間には括約筋という弁のような蓋の役割をしているものがあり、胃からの空気や消化物が逆流しない構造になっているのです。
何かのきっかけで少量の気体が逆流する(げっぷ)ことはあっても、常時口に口臭の元となる臭いが戻ってくることはないとされています。口臭のほとんどは口の中に原因があります。
じつは胃の調子が悪いと、唾液の分泌量が低下するということがあります。唾液の分泌量不足は口腔内の洗浄力不足につながります。お口の中が洗浄不足になると、当然汚れ(食べかすなど)が残ってしまい、それが口臭の原因となります。 胃と食道は、胃の内容物が逆流しないよう下部括約筋で閉じられています。物を飲み込む時だけ、下部括約筋が開くため、通常の呼吸で胃の臭いが逆流することはありません。

胃の病気になると、食べたものが胃の中で異常に発酵し、臭いの元となる物質を排出します。その物質が血液に溶け込み、肺を介して口臭となります。つまり、胃が悪い場合の口臭は市販の消臭グッズなどを利用しても、一時的な解決にとどまり、その効果が切れるとまた口臭が発生します。胃酸過多の場合、胃に腫瘍が出来ている場合などに胃が原因の口臭が発生します。胃が悪い時の臭いは卵の腐ったような臭いだと言われています。歯科x線でよく検査しよう。

このような口臭が発生した場合は、胃の病気の可能性がありますので、早めに病院で診察を受けましょう。胃の病気が完治すると、胃が原因の口臭はなくなります。胃が痛いなどの自覚症状がある場合は、口臭予防のためにも病院へ行くことをお勧めいたします。

実際に、口臭の原因は胃の病気であるために、胃から上がってくる匂いが原因だと断言しているようなブラウザも見うけられますが、実はそれらの多くはエラーなのです。
何となくと言いますと、一般的、胃と食道は胃の中身が逆流しないように、下部括約筋で閉じられているからです。
飲食物が胃に送られるときだけ、開くようになっています。ですから、胃の匂いが口迄上がってくるということは考えられないのですね。では、胃の病気からくる口臭というのは、一体どのような過程を経て匂うのでしょうかこれは、次回詳しくお話することにいたしましょう。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp