登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 空腹時の口臭について

空腹時の口臭について

食事をして、その食べ物や食べカスが原因で口臭が発生してしまうのなら、食べなければ良いのではと思う方も居ると思います。

しかし、口臭の原因には、空腹時の口臭もあるので、その考えは大きな間違いなのです。食事中は、噛むことによって、唾液の分泌が行われるため、口の中は思ったよりもキレイで通常時より口臭はしません。それよりも口臭を発生させるのは、食事をしていないときや、空腹の時間帯なのです。口臭は空腹のときに強くなるのです、意外ですか?口腔内カメラでよく検査しよう。
食事中は噛む(咀嚼する)ことによって、唾液の分泌が促進されるので、口の中は思っているよりもキレイなのだそうです。意外なことは、食事中は通常時より口臭が少ないということ。口臭を発生させるのは、食事をしていないときや、空腹の時間帯や、特に寝起き時なのです。空腹時に口臭が発生してしまう原因は、膵液(すいえき)が胃で分解された時に出たガスによって引き起こされることが原因といわれています。
空腹時の口臭は、日常的な誰にでもあるような口臭(生理的口臭)なので病院に通うという心配はしなくてよいのですが、もし空腹時の口臭が気になる場合の口臭対策はあります。空腹時の口臭対策に、まず試してみたいのはコップ2〜3杯くらいの水分を摂ることです。これである程度の口臭を抑えることができます。かなりの効果がああります。超音波スケーラーは大事です。
こうした口臭は、防止する対策も簡単です。原因が空腹によるものであるため、食事をして空腹感をなくせばよいわけです。まず、食事をすることで口の中には唾液が分泌されるため、嫌気細胞の増殖が抑えられます。また、臭いの原因となる前の食事の食べかすなどが分解されたものも食事とともに胃の中に流しこまれてしまうので、口臭が消されます。また、お腹の中に何かを詰め込むことで空腹感による口の中の乾きもなくなるので、しばらくは嫌気細胞の活動が抑えられます。

もし、空腹によって口臭がひどくなっているときに人前に出たり人に会って会話をしなければならないようなことがあっても、口の中の乾きをなくしてやれば口臭は消えます。水でうがいして口臭の素を取り除けば大丈夫。そのうえで、口の乾きをなくすよう、水やお茶を含んだり、ひと口飲んでおけば自然と消えていくのです。午前中は自律神経が活発になります。
朝食をとる事によって、脳の働きや身体のリズムを整える事ができるので、身体の調子も良くなるでしょう。この胃からくる口臭にとって、水やお茶(緑茶)やアルカリ飲料を摂取する事は、唾液分泌を促進してくれる自立訓練が働くので、かなり口臭予防に効果があります。食生活をきっちり改善する事により、空腹時口臭は改善されます。今まで朝を抜いてきた人は、胃の調子も考えて牛乳を飲むだけからでも良いので、流動食から始めてみてはどうでしょうか。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp