登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 空腹時の口臭

空腹時の口臭

口臭の中には、お腹が空いたときに感じられるものがあります。少しばかりの空腹感では感じられないのですが、お腹が極端に空いてしまうと感じられるのです。お腹が空くと、美味しそうなものを見たりするだけで唾液が出てくるものですが、極端に空いてくると、逆に空腹感は和らいでくるため食事を摂らないまま過ごしてしまいます。

そうした場合、食事に伴う唾液が分泌されないままになってしまうため、口の中は乾いた状態となり、口臭の原因となる嫌気性細菌の活動が活発になってしまうのです。特に、勉強や仕事を終えて帰宅するときなど、空腹感が最高になるときには、口臭もかなりひどくなります。超音波スケーラーは大人気です。

こうした口臭は、防止する対策も簡単です。原因が空腹によるものであるため、食事をして空腹感をなくせばよいわけです。まず、食事をすることで口の中には唾液が分泌されるため、嫌気細胞の増殖が抑えられます。空腹時の口臭対策に、まず試してみたいのはコップ2〜3杯くらいの水分を摂ることです。
これである程度の口臭を抑えることができます。かなりの効果がああります。他には、間食(おやつ)をとるのも効果的です。おやつを食べることで唾液の量が増加するため、口臭は治まります。空腹時の口臭というのは、食後2〜3時間くらい経った頃から感じるので、丁度その時間帯に食べたり、飲んだりすると、空腹時の口臭とうまく付き合うことが出来るでしょう。 しかし胃には食道へ逆流しないように弁があるのです。 食べ物が入ってこないときはこの弁はしっかり閉まっているのです。だから本来胃から口臭はしません。

空腹になると何故口臭がしやすいのでしょうか? これは食べ物と関係があります。食べ物を食べると良く噛みますよね、そうすると唾液によって口腔内がきれいになるのです。よって食べた直後は食事の臭いがする程度でそんな臭いほどの口臭はしにくいのです。歯科x線はよく役に立ちます。

しかしおなかが減ってきて空腹になる。そうすると口臭がきまって起きてきます。空腹と言う事は食べていない。 と言う事は唾液が出ていない。 そうすると口が不潔になって口臭が出る。 という仕組みです。食事を抜いてしまえば空腹になりますので、口臭が発生しやすくなります。また食事~食事に長い時間が空いてしまう場合には水分補給することである程度口臭を抑えることもできます。3時のおやつ等のちょっとした間食も、実は口臭を抑えるのに効果を発揮します。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp