登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯槽膿漏いったいなんでしょうか

歯槽膿漏いったいなんでしょうか

歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。昔は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今では「歯周病」という呼び方が一般的になっています。若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。日本は「歯周病大国」と呼ばれており、35歳以上の約8割が歯周病だと言われています。歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです!(歯周病はサイレントキラー「静かな殺し屋」とも呼ばれています!) 

歯槽膿漏による特徴的な症状としては、歯磨きをしても口臭を抑えることが出来なくなってしまい、ブラッシングをしたときに歯茎からの出血などが見られるようになるなど、深刻な状態になることもあります。歯槽膿漏の病状がさらに悪化、進行していくと、歯茎がはっきりとはれ上がっていることが自覚できるようになり、また、歯がぐらつくなどの症状が現れるようになります。歯茎がやせ細っている状態で、硬いものなどをかみ締めると、歯がぐらぐらと揺れていることが自覚できる状態になることがあります。 

歯周病(歯槽膿漏)は細菌による感染症であり、歯を支えている歯周組織の炎症によって引き起こされます。 歯周病(歯槽膿漏)には、炎症が歯肉に限局した「歯肉炎」と、歯を支えている歯槽骨にまで炎症がおよんだ「歯周炎」の2つに大きく分けられます。 歯周病(歯槽膿漏)の原因には、若くして罹りやすい人やそうでない人がいる様に遺伝的な素因や、偏った食生活や喫煙、睡眠不足などが考えられ、歯茎に悪影響を与えるような生活習慣が歯周病(歯槽膿漏)の罹患率を高めています。超音波スケーラーは必要です。

歯周病(歯槽膿漏)の厄介なところは自覚症状がほとんど無いということです。つまり、いつの間にか歯周病(歯槽膿漏)に罹ってしまうということです。ですから日頃から口臭や歯茎からの出血などのちょっとした症状に気を付け、できるだけ早期の段階で発見することが大切なのです。 

パーフェクトペリオは、口の中の虫歯菌や歯槽膿漏、歯周病菌を、毎日10秒間うがいすることにより、ほぼ完全に殺菌(溶菌)することが出来る殺菌水です。

*溶菌とは歯周病菌や虫歯菌を破裂させて溶かすことです。

強い殺菌力に反して、体への影響はほとんどなく、歯槽膿漏、歯周病治療の全く新しい治療法として、今注目されています。口腔内カメラでよく検査しよう。

また、歯科医院で行うパーフェクトペリオ歯周病治療は、治療回数が少ない、歯茎を切らない、歯周病菌を完全に殺菌するなど、従来までの歯周病治療に比べて、様々な点で優れた特徴があります。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp