登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 口の乾燥が原因の口臭について

口の乾燥が原因の口臭について

口の中が乾燥すると口臭が出てくることがあります。これは口の内の唾液の分泌する量が少なくなって口の中が乾燥し、口の中がネバネバしてくることが原因といわれています。とても不快に感じる状況で、ドライマウスといわれています。このドライマウスの状態が、口臭の主原因ととされています。唾液と言うのは口の中の清潔さを保つ働きをしています。

唾液が分泌する量が正しく保たれている場合、歯科機器口の内が清潔に維持されているために口臭は起こりにくくなります。しかしその分泌する量が低下していくとと口の中が細菌でいっぱいになります。そのために口臭が起こるというメカニズムになります。また、口の中が乾くと口臭が起こることとは別に、虫歯や歯垢、舌苔などの原因になることも多いです。口の中が乾燥する原因としては、以下の4つに分類できます。

薬の副作用
主に抗ヒスタミン剤、抗うつ薬、利尿剤、抗項血圧薬によるもの。これだけ聞くとよく分かりませんが、アレルギー鼻炎などの薬に含まれているものです。口の中が乾燥する原因としては、主に4つに分類できます。
薬の副作用
主に抗ヒスタミン剤、抗うつ薬、利尿剤、抗項血圧薬によるものと言われています。これだけ聞くとよく分かりませんが、アレルギー鼻炎などの薬に含まれているものです。
疾患
糖尿病や腎疾患など自己の免疫疾患が原因とされています。これが原因の場合は、口臭が気になるからと勝手に薬を止めるなどの自己診断をせずに医師とよく相談するようにしてください。超音波スケーラーは必要です。
唾液腺
これは、加齢に伴う症状だったり、炎症を起こしたりする事によって唾液分泌力が低下してくることによって起こります。プラークコントロールをしっかりして、予防するようにしましょう。 唾液の分泌量低下は口の中だけの乾燥ではなく、全身の細胞の渇水と考えたほうがいいでしょう。加齢や更年期障害のほか、降圧剤や抗ヒスタミン剤、抗不安剤など薬の服用で起こることがいわれていますが、改善は可能です。
このほか若くても夜中に働くなど生活が不規則になりやすい人も自律神経の切り替えがうまくいかず、唾液分泌量が減る傾向にあります。このため一般に夜勤が多く、緊張を強いられる警察官や医療関係者、タクシー運転者などは口が乾燥しやすく、口臭が発生しやすいのです。
ドライマウスが原因の口臭予防には舌など口の粘膜ケアが大切です。専用のスポンジブラシに洗口液をつけ、一日1,2回、舌を中心に口の中の粘膜を軽くみがくだけでもある程度有効です。この際、歯ブラシを使用しないのと、みがき過ぎないことが重要。さらに歯科クリニック専用で販売している口臭カットスプレーを口腔内に噴霧すれば、口臭を抑えられます。しっかりかんで唾液をよく出し、口の中の自浄性を高くすることが大切です。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp