登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 口の乾燥と口臭に悩んでいます

口の乾燥と口臭に悩んでいます

口腔乾燥症(ドライマウス)かどうかは、実際に唾液の分泌量の減少を伴っているのかどうか精査する必要があります。口腔乾燥症は唾液が極端に出にくくなる状態を示し、いわゆる「のどがカラカラになった状態」が続いている状態です。

口腔乾燥症の原因として、口呼吸、生理的ストレスによる反射唾液の減少、シェーグレン症候群(自己免疫疾患)などの原因が考えられます。唾液の粘稠性を感じる程度であれば、該当しない可能性が高いとも云えます。若年者の場合、過度のペットボトル飲料の摂取、食習慣(食事中の頻繁な水分摂取、咀嚼不良による飲み込み型)などが関連しているのかもしてません。
唾液分泌促進薬自体は存在しますが、対処療法薬であり原因療法ではありません。ドライマウス外来のある大学病院等を受診されることをお勧めいたします。口の臭いは口臭と呼ばれ、いいイメージを持たれていません。口臭の原因については、虫歯や歯周病など、口の中で細菌が繁殖することによって起きていることが圧倒的に多いようです。こういった場合の口臭は、虫歯などを治療することで改善されます。 口臭が気になるという人もたくさんいますが、気にしすぎの人が多いようです。実際にきつい口臭があるという人は少なく、臭いがしても一時的のようです。
口臭は誰にでもあり、神経質になるほどの臭いではありませんから、気にする必要はないでしょう。逆に気にすることで臭いがきつくなるということもあります。口臭の原因でにんにくやカレーライス、コーヒーなどのにおいのある食べ物や飲み物をとった時に、口の中ににおいが広がりますが、きちんと歯磨きをすると解消されます。タバコを吸っている人は歯周病の原因になる、歯石がたまりやすくなっていますから、口臭予防と虫歯予防を徹底したほうがいいでしょう。口の中が乾燥する原因としては、主に4つに分類できます。聞くと分かりませんが、薬に含まれているものです。

場合は、口臭が気になるからと勝手に薬を止めるなどの自己診断をせずに医師と相談するようにしてください。唾液腺加齢に伴う症状だったり、炎症を起こしたりする事によって唾液分泌力が低下してくることによって起こります。口臭,乾燥,ドライマウス,原因,細菌口臭(自臭症)の原因自臭症の原因は、他臭症と同じ細菌です。喫煙や飲酒、ダイエット、食生活の乱れなどの生活習慣によって唾液分泌量が減少することがあります。血圧降下剤や利尿剤などの薬を服用すると、その副作用によって唾液の分泌量が抑制されます。口腔内カメラでよく検査よう。
血圧降下剤は血管を拡張させて血流を増加させる作用のある薬で、(歯科材料)副作用として発汗量が多くなり、体内の水分が奪われるため、口腔内の水分=唾液が減少しす。 喫煙の場合はタバコに含まれるタールが、飲酒の場合はアルコールによる利尿作用が、それぞれ唾液の分泌を抑制したり、体内の水分を奪ったりします。また、早食いや極端な小食などの食生活の乱れや無理なダイエットは、食事中の咀嚼による唾液の分泌を妨げるため、やはり口腔内を乾燥させる要因となります。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp