登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯茎の口内炎

歯茎の口内炎

口内炎というと、ほとんどの人は、頬の内側や舌などの粘膜に表面が白っぽい丸い潰瘍をイメージしますが、歯茎が赤く腫れたりすることも口内炎に含まれます。歯茎は、歯肉とも呼ばれ、歯の歯根部を囲み、固定しています。正常な歯茎はきれいなピンク色をしていますが、貧血がある場合は白色に、炎症がある場合は赤色になり、色素沈着で黒色になる場合もあります。

歯茎にできる口内炎に、代表的なアフタ性口内炎はもちろんですが、壊死潰瘍性口内炎というのがあります。子供がかかりやすい口内炎で、歯茎や口の中の粘膜がただれて出血することもあります。口の中が痛いため、食欲は落ち、よだれが増え、口臭も強くなります。壊死潰瘍性口内炎は、身体の抵抗力が弱っている時に、口の中の細菌が増殖して起こります。壊死潰瘍性口内炎の治療は、抗生物質の塗り薬やうがい薬を使用し、体力回復や口の中を(超音波スケーラー)清潔に保つことを心がけます。超音波スケーラーはそういうものです。

Woodpecker® 超音波スケーラー UDS-P

 

 Woodpecker® 超音波スケーラー UDS-P

 

 

口内炎であれば、1.2週間放置していれば治っていくと思いますが、それでも変化がない場合歯の根もとに膿がたまって、それが歯茎の表面に出てきているのかもしれません。歯茎から血や膿が出るなどの場合は歯周病(歯槽膿漏)ということも考えられます。歯茎以外の口内炎にも共通しますが、口内炎を起こさないためには、食べ物で十分な栄養を意識しながら摂取する事が大切です。

 

それと口の中を常に清潔に保つように、歯磨きは念入りに行うことです。歯茎にできた口内炎の治療はまず歯科医院を受診して調べてもらってください。ただ、歯茎の場合でも、痛みが強い物や治りにくい物もあり、全身的な病気が原因で発生することもありますから、なかなか治らないなあという状況であれば歯科以外の大病院などでの精密検査(歯科材料)を受けることもいいと思います。

 

しかし、口内炎が元で病気が発生したり、病気が元で口内炎が発生している可能性も否めません。そして、口内炎に似た症状を引き起こす他の病気・帯状疱疹や単純疱疹、麻疹などがあります。

帯状疱疹と単純疱疹は、ストレスや過労によって身体の抵抗力が下がり常在菌のヘルペスウィルスが活発化して現れる病気なので、口内炎に似た症状が現れます。麻疹の場合も口内炎に似た症状が発生することがあり、口内炎と間違えやすい病気です。

 

口内炎だとあなどらず、あまりにも口内炎が長引いたり、大量に発生したりする場合は、口腔科を受診するようにしてください。口内炎を治すために必要な栄養成分が入っているのを選べば大丈夫です。では、口内炎の治し方として使用するときのサプリメントはどういった成分が入っているのが好ましいのでしょうか。


やはり、口内炎はビタミン不足というくらいだからビタミンが豊富に入っているサプリメントがおすすめです。なかでもチョコラBBなどが有名でしょう。他にも類似したサプリメントがたくさん出ているので、自分の好みのものを選ぶといいでしょう。早めに対処して、口内炎の痛みから逃れたいものですね。 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp