登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯茎にできる口内炎

歯茎にできる口内炎

口内炎が歯茎にできた場合は、その部分の歯に虫歯ができているということも考えられます。口腔内カメラ虫歯があるかどうかすぐわかります。

口内炎であれば、1.2週間放置していれば治っていくと思いますが、それでも変化がない場合歯の根もとに膿がたまって、それが歯茎の表面に出てきているのかもしれません。

また、歯茎から血や膿が出るなどの場合は歯周病(歯槽膿漏)ということも考えられます。歯茎以外の口内炎にも共通しますが、口内炎を起こさないためには、食べ物で十分な栄養を意識しながら摂取する事が大切です。それと口の中を常に清潔に保つように、歯磨きは念入りに行うことです。

歯茎にできた口内炎の治療はまず歯科医院を受診して調べてもらってください。ただ、歯茎の場合でも、痛みが強い物や治りにくい物もあり、全身的な病気が原因で発生することもありますから、なかなか治らないなあという状況であれば歯科以外の大病院などでの精密検査を受けることもいいと思います。口内炎とは正式には『慢性再発性アフタ』といい、主に口の中の粘膜質に発生する炎症です。歯茎に頻繁にできやすく、しみたり、痛みや腫れを伴い、時にはただれを起こすこともあります。

そして、接触時の痛みにより、飲食がしずらかったり、飲み込みにくい、しゃべりにくいなどの症状がでます。原因はさまざまですが、主に鉄・ビタミンの欠乏や、ストレス、歯や歯ブラシなどで傷をつくり、そこからばい菌が入ったりするために起こると言われています。通常は、1〜2週間程で治りますが、その間はちょっとした事で痛みに見舞われる面倒くさい症状です。痛みがつらいようならば、市販されている専用の軟膏の塗布や、少ししみますがうがい薬・口内洗浄剤(液体はみがき)などを、口内炎のあたりに使用すると痛みが緩和されます。この時超音波スケーラーを使うのはは大事です。当店の大人気なスケーラーをすすめます!

超音波スケーラー(ボトル付き)LED超音波スケーラー(ボトル付き)LED

しかし、口内炎が元で病気が発生したり、病気が元で口内炎歯茎にも口内炎が出来ることを知らない人も多いかもしれません。歯茎に口内炎が出来た場合は、ひどくなると歯肉炎の原因になったりするため注意が必要です。
歯茎に出来たからって特別な口内炎の治し方があるわけではありません。病院や薬局などで、患部に塗る薬をもらう治し方など、他と同じです。
ただ、歯茎の場合口内炎の炎症がひどくなって膿をもちやすかったり、化膿してしまうこともあって薬を患部に塗るのも困難ですよね。食事なども、しみて大変なので一番おすすめする治し方は、サプリメントを使用する方法もあります。 口内炎はほうっておいても、2週間くらいで治りますが、痛みに耐えながらの食事はつらいですよね(汗) 周辺だけでなく、口内を清潔にするのも大事です。病院では、レーザーで患部を焼いたりする治療法もあります。 ですが、正直そこまでするのも・・という気もしますがどうしてもすぐ治療したい場合は覚えておくといいかもしれませんね。実際は、軟膏などを塗布するのが一般的でしょうか。 塗布する時、痛みがあると辛いんですが(汗) ハチミツを塗布するという話も耳にします。効果は定かではありませんが、塗っても食品なので毒ではないと思いますが・・。 ハチミツはビタミンBを含んでいる事や抗菌作用がある事で効果があると考えられているようですね軟膏でもハチミツでも、痛みが激しい状態の口内炎に塗布する事はかなり強い痛みになりますので、痛みが強い場合は注意してください


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp