登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 乳歯の虫歯予防

乳歯の虫歯予防

歯並びが乱れたり永久歯が生えてこれなくなったりすることがあります。乳歯は生え変わるからと、虫歯になっても放置していると、永久歯に思わぬ影響があります。まず永久歯の歯並びへの影響があります。乳歯には永久歯が生えてくる場所を確保するという大切な役割があるので、乳歯をひどい虫歯にしたり、早い時期に失ってしまうと、隣り合っている歯が移動して永久歯が生えるスペースが確保できず
また、乳歯の虫歯が重症で、歯の根の先などに膿がたまるくらいひどくなると、乳歯のすぐ下でつくられている永久歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうことがあります。根管治療は大事です。
その他にも、歯の痛みで噛めない物ができたり、顎の発達が不十分になるなどの影響もあります。虫歯になってしまったら放置せず、きちんと治療を受けましょう。もちろん虫歯にしないように予防していくことがなによりです。定期的に口腔内カメラ検診を受け、毎日の歯みがきでお口の中を清潔に保つようにすることが大切です。

どうせ生え変わるのだから、乳歯が虫歯はどうでもいい? 実はそれは大きな間違い。口の中が虫歯菌の巣窟のような状態では、せっかくの綺麗な永久歯も虫歯になるのは時間の問題。
乳歯は一度虫歯になると痛磨でないこともあって、あっというまに進行します。受診することにはほとんどが、神経の近くまで進行しています。
仕上げ磨きをするときに、歯の表面が白っぽくなっていないか、黒くシミになっていないか、歯の溝が黄色くなっていないかなど観察してください。このような兆候は虫歯の始まりですから、この時点で受診されるとあまり削らず治療が簡単です。

大人に比べて、詰め物が取れやすいのは事実。歯が柔らかく、かけたりしやすいため。詰めた後、しばらくしてから詰め物の周囲が虫歯になって外れてしまうことも。3歳を過ぎる頃から虫歯も多くなります。虫歯になりやすい歯は上の前歯・奥歯、下は奥歯です。下の前歯も虫歯になるというのは重症です。子供の虫歯は痛みなどの自覚症状が少ない割に、急速に進行して歯ぐきが腫れたり急激な痛みが出ることがあります。



 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp