登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 哺乳瓶齲蝕症

哺乳瓶齲蝕症

乳歯は、永久歯に比べてやわらかく、虫歯になりやすいものです。また、乳歯も永久歯も生えてきたばかりの歯は、虫歯になりやすく、進行もとても早いので、子どもの虫歯には注意が必要です。口腔内カメラは必要です。
乳歯の虫歯で乳歯の生え変わりの順番が変わってしまうと、後から生えてくる永久歯のスペースにも影響して歯並びがデコボコになることがあります。 
特に食生活や歯みがきなど、小さな子どもの虫歯は、
保護者の管理が大変重要です。 正しい知識をもって最適なケアを行ない、 子どもの虫歯を作らないようにしましょう。

歯が生えてからほ乳瓶などでミルクや砂糖の入った飲み物を飲み続けたことで 生えたばかりの前歯にできた虫歯のことを哺乳瓶虫歯(ボトルカリエス)と言います。
特に、寝る前のミルクなど、水やお茶以外の飲み物を飲む習慣が残っていると哺乳瓶虫歯になる可能性が大きくなるので注意しましょう。歯が生えてきたらできるだけほ乳びんからコップへ、寝る前のミルクも早めにお茶や白湯等にしていきましょう。 

乳歯の抜歯という、最悪の結果になっても、永久歯がその下にあるから、大丈夫?だなんて考えていたら、あまい・甘い・アマイですよ。乳歯の下で、出番を待っていた永久歯くんは、道先案内人の乳歯くんが、急に居なくなってしまっては、どの場所に出るべきなのか?迷ってしまい、正しい位置に生えない可能性もあります。超音波スケーラーは大人気です。

生まれた時の赤ちゃんの口の中には、悪い虫歯の原因菌はいないそうです。ということで、虫歯になる原因の大半は「親」からの感染だそうです。例えば離乳食時のスプーンの口移し(熱くないか?硬くないか?等々チェックしますよね?)や、スキンシップの「キス」が、菌を媒体しているそうです。口の中の細菌の構成比率が、乳児が3歳位になるまでに決定しますので、それまでは虫歯菌に感染しないように、充分気を付けてあげれれば、その後はずっと虫歯になりにくい口の中でいられます。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp