登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 喉の口内炎

喉の口内炎

口内炎とは、口腔粘膜に現れる炎症病変をいいいます。ただし炎症が解剖学的に一領域に限局しているときには、その部位の名称をつけます(たとえば歯肉炎、舌炎など)。
広義には上記のように口腔内の炎症病変はすべて口内炎ですが、口腔外科的には「○○性口内炎」のように特定の炎症性疾患を示すものです。(歯科機器)
口内炎には、原発性と症候性があります。原発性口内炎は局所的原因に基づくものです(例:潰瘍性口内炎)。症候性口内炎は、ほかの何らかの疾患に付随して発症してくる口内炎をいいます(白血病性口内炎)。
喉の口内炎ほど厄介なものはありません。話しづらくなったり、ものが飲み込みにくくなり、常にひりひりとした痛みを伴います。喉にできる原因はまだわかっていないそうです。喉の口内炎は、やはり薬も塗りにくい場所ですから、医師の診察を受けて、適切な治療を受けることが一番でしょう。それが喉を傷めずに素早く、喉の口内炎を治すコツかもしれません。
喉の口内炎も舌や口の中にできる口内炎同様、ストレスや疲労などで起こります。喉に口内炎ができたら、ゆっくりと休養して、喉を使わないで済むようにしたいものです。またビタミン類のサプリメントを飲むこともおすすめです。
喉の口内炎は治りにくく、症状が辛い
のが特徴です。あまりに長引く場合は、ほかの病気を疑ってみることも大切です。そのため医師の診察を受けることが、なによりの治療の早道なのです。喉の口内炎ではなく、ポリープである可能性もあるかもしれません。
喉の口内炎は、口内炎の中でも危険度が高く、気をつけなければならない症状です。素人判断をせずに、専門医にかかるといいでしょう。喉はいわば、体の危険を訴える繊細な器官です。その喉に口内炎ができるということは、何かほかに重要な病気が隠れている場合も多いのです。
喉の口内炎概要

初期症状:喉に異物感がある。特にものを飲み込む時。

それ以降の症状:最悪の痛み。この世の終わりが見えるような喉の痛み。

原因:ビタミン不足・ストレス・睡眠不足・口内の乾燥

予防法:よく寝る。よく食べる。よく水分を摂る。

喉の口内炎は、他の部分にできる口内炎とは違い、自分で、薬を塗ったり、貼ったりすることができないことがあります。口内炎の時は、栄養を摂る必要がありますが、食べ物を摂取することが辛い状態ですので、早めに病院口腔内カメラを受診しましょう。病院によっては、診察した時に、口内炎に薬を塗ってくれたり、内服薬を処方したり、栄養点滴をしてくれることもあります。

 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 1 Reviews  |   Write a Review

  • k.hiro.amt_tamaoki
    父が耳鼻咽喉科で、検査を亜鉛不足したところ亜鉛不足と言われ プロマックDという薬をだされました。 定期的に耳鼻科を受診していますが、喉に腫瘍が見つかり組織をとって検査してもらいました。 検査の結果は、悪いものではないが 切除手術をしましょうとのこと。ピロリ菌がいたずらをしていると説明を受けてきたようなんですが、ピロリ菌って喉にもつくんでしょうか? 22/05/2012
合計 1 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp