登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口臭の原因の8割は口内から

口臭の原因の8割は口内から

口が臭い人は多いのですが自覚している人はすくないようです。それは自分の臭さが自分では感じられないからです。自分自身が臭くてもその臭いに嗅神経はすぐ麻痺してしまいます。 虫歯や歯周病があるかたは明らかに口臭があるのですが、無頓着なかたがほとんどです。また逆に自分の口臭が周囲のかたがたにどれほど迷惑をかけているのだろうかと悩み苦しんで来院される方もいらっしゃいます。

口臭を意識する人意識しない人とさまざまです。普段はしないにおいを感じると不安になるものです。全身的な病気はないのに、自分は病気だと信じて疑わない人もいます。においを判断するときは、自分の嗅覚だけを頼りにするのではなく、家族などの意見も大いに参考にする必要があります。後述しますが、臭いの診断の最良の方法は人の嗅覚です。
かぜなどをひいたときには、歯周病が悪化してしまうことも多く、体の免疫力が低下しているため、口腔内の細菌が繁殖しやすくなります。
タンがからんで、咳が出るため、気管支に炎症が起きています。膿が排出されて、口の中の細胞が傷つくと、そこに細菌がついてしまい、口臭となってしまいます。 放たれる悪臭の原因が呼吸器のときは、病気そのものを治療しなければ解消しないので、耳鼻科や内科を訪れ、歯科機器適切な治療をすることが不可欠です。
他にも、喉の奥に膿栓というものができていると強烈な口臭の原因となります。これは細菌の死骸であったり食べ物カスが喉に蓄えられてできるもので人体に影響はありませんが、小さいからといって侮れないほど激しい臭いを発生させます。超音波スケーラーは必要です。 

舌苔(ぜったい)も、歯石や歯垢と同様に細菌の固まりで臭気物質を生成します。 一日一回は舌ブラシを使って舌の表面を磨きましょう。特に白く厚くなった舌苔はこまめに取り去ることをおすすめします。また最近多く見られるのは口腔乾燥 症によるものです。唾液による希釈や循環が弱まることにより自浄作用がなくなり口臭の原因となります。また、慢性副鼻腔炎による後鼻漏(鼻水が喉に流れて くる症状)が原因の口臭や鼻閉による口呼吸のために乾燥しやすい事や重症の虫歯や歯周病を併発する事が多いのもその原因でしょう。この場合には口腔乾燥症の治療が必要です。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp