登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口臭と舌みがき

口臭と舌みがき

口臭の原因は、その殆どが口腔内のトラブルにあるとされています。口の健康を保つことは、とても大切なのですね。でも「口の中をピカピカにしなきゃ!」と、舌みがきを頑張りすぎることはおすすめできません。口臭の予防に熱心な方の間では、歯磨き(歯科材料)だけでなく舌苔の除去も流行っており、はまってしまってやり過ぎる方も多いようです。

舌みがき専用のグッズも豊富ですよね。汚れを掻き落とすブラシやスクレーバーに、舌の汚れを浮かせるタンジェルなんて物もあるそう。スクレーバーひとつ取っても様々な形状のものがあり、素材も樹脂だったり金属だったりとバラエティに富んでいます。

口臭予防の為の舌みがきは、やり過ぎないことを条件に多くの歯医者さんがすすめていますが、ブラシ等の器具の使用には警鐘を鳴らす向きもあります。口の中にだ液がたくさんあるのは口臭対策にとても役立つのです。
舌の白いコケを取ってしまうと舌乳頭が破壊されて舌にだ液を溜めておく事が出来ず舌が乾燥状態になります。そして、口臭が発生してしまうのです。正しい舌磨きの方法を教えますネ。小さく切ったガーゼを水に濡ら舌の根元から先へと軽く2〜3回撫でる。または、お水を口の中に少し含んで舌と上あごをこすり合わせる。 それに加えて、舌には口の粘膜のはがれおちたもの(皮膚で言うなら垢”アカ”)も沢山くっ付きやすいようです。どうりで舌はざらざらしていると思った。

この舌苔が口臭の原因である、腐った玉ねぎや温泉卵の匂いのする硫黄性の化合物を発生させるそうです。

とくに睡眠時には、細菌を殺す成分を含んでいる唾液の量が激減します。そこで舌に残った食べ物のカス、舌の垢を腐敗させて、口臭がきつくなるのです。朝起きて歯磨きやうがいをしていない人との会話はきついものがありますね。

いつも通りに歯磨きをしたら、磨き残しをしていないか鏡を使ってきちんと目で見て確認してください。口腔内カメラでよく検査しましょう。磨き残しはないはずだと自覚していても、かすがついていたら、臭いが発生しているかもしれません。気をつけてブラッシングすることで、異臭を防ぐ効果が期待できるのです。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp