登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 他臭性の口臭の予防

他臭性の口臭の予防

口臭の中でも、自臭症の場合、原因は他臭症と同じ細菌であるとされています。細菌の中でも酸素が嫌いな細菌(=嫌気性菌)が、主な口臭の原因であるとされています。 しかし、他臭症の人と比べてみると、その量はものすごく少なく、問題となる量ではありません。しかし、自臭症の人というのは、他臭症の人と違って、いつも口臭を感じてしまっています。超音波スケーラーは大人気です。

嗅覚には連続的な臭いには麻痺してしまう性質があります。ですから他臭症の人は自分の口臭を感じていないことがほとんどです。しかし断続的に発生するニオイに関しては、はっきり感じることができるので、自臭症の人は自分の口臭が気になるのでしょう。では、自臭症の人がいつもいつもニオイ(口臭)を感じてしまうのは何故なのでしょうか? その理由には、以下のようなことが考えられます。

他臭性の口臭とは、一般に他臭症と呼ばれています。自臭症と違い、自分では気づいていなかったのに、他人から口臭がしていることを指摘されて、初めて自分の口臭に気づくケースです。

人に言われて初めて気づくわけなので、今まで自分の口臭で周囲に迷惑をかけていたのではないかという悩みを抱いたりすることがあります。他臭症は、メンタルな部分への影響も大きいといえます。過敏に反応しないよう、神経質な人は、とくに注意しなければなりません。口臭は、だれもが多かれ少なかれ持っているといった認識でいたほうがよいのです。

なぜ、他臭症の人は自分の口臭を自覚しないのでしょうか?それは口の中で細菌によって絶え間なくガスが発生している為に、自分自身は臭いに麻痺してしまって全く臭いを感じないという仕組みです。

そういう人の場合、ニンニクのような臭いが強烈のものを食べても自覚できないようです。

他臭症の公衆対策としては、歯科クリニックなどで歯周病や歯槽膿漏の治療を行いましょう。その他には歯磨きのやり方を再度教えてもらったりして、虫歯の治療もきちんとしましょう。また、歯石除去など口腔内カメラを定期的に受けることが大切です。

口臭を予防するには、虫歯が原因で口臭が起きている場合はいいのですが、口臭予防は歯周病・歯槽膿漏の予防法に原則的に準じていますので、歯周病や歯槽膿漏の症状が進んでいる方は家庭でも定期的に歯科クリニックでも予防をきちんと行うようにしましょう。


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp