登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 義歯について

義歯について

歯を失ってしまった場合、最新のインプラント治療により天然歯に近い歯を入れることが可能になりました。しかし、患者様の症状によってはそれが出来ないケースもあります。そうした場合は入れ歯による治療をお勧めします。入れ歯(歯科材料)をあわせてみることで本当はブリッジによる治療がよいのか、それともインプラントにしたほうが良いのかよりはっきりと分かると思います。

上顎の部分のない入れ歯を作るためにどこを工夫すれば良いのか?裏打ちは硬いものよりも軟らかい材料の方が良いのか?噛むことより見た目を重視するのかどうか?患者さんの希望をしっかりと聞いて、それに合わせてきめ細かく作りあげていきます。

歯科医院の治療は、「入れ歯に始まり入れ歯で終わる」。歯科の医療は、年齢も対象も多岐にわたります。選択する治療内容も幅広く目標も様々です。歯科医院ごとに違いが出てきます。入れ歯が最後の砦です。歯医者が守る最後の砦は、入れ歯です。歯科の治療の目標も違います。歯科医院ごとに、美容を目指す審美歯科、リハビリを目指す高齢者歯科などです。最後の入れ歯は長いかかわりとなります、総入れ歯までのお付き合いになります。

インプラントなど、適応症の狭い、医療もあります。歯科医院は、大人も高齢者も、子供も赤ちゃんでさえも扱う事がある。糖尿病など他の全身的要素で混乱することもあります。あまりダイエットしすぎると予後の悪いこともあります。他の医学的要素で歯科医院での治療効果に差が生じます。超音波スケーラーで清潔を守ることは大切です。

部分入れ歯”と呼ばれるものです。自分の歯が残っている場合に入れます。入れ歯と自分の歯をしっかり固定するため、クラスプなど細かい装置が付いています。“総入れ歯”と呼ばれるものです。上あご・下あごそれぞれの、自分の歯が全てなくなった場合に入れます。 咀嚼(口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わうこと)は脳を刺激するため、認知症との関連性があるのではないかと考えられています。そして、認知症が進んでいる高齢者は、合っていない義歯を使用していたり、流動食に頼っている場合が多いようです。実際義歯の噛み合わせを直し、きちんと噛んで食事をする習慣がもどったところ、認知症の症状が改善したという報告は少なくありません。しっかり噛むためには自分自身の歯を残すことが理想ですが、次善策として義歯をしっかりと調節することも大切です。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp