登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 入れ歯の種類

入れ歯の種類

誰でも入れ歯にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。ところで入れ歯は痛くて噛めないとか、入れ歯(歯科材料)は硬いものは噛めないとか、あまり入れ歯の評判は世間的に良くはありません。しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、適応症にあった入れ歯を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。良く知られている入れ歯の種類は、歯の一部が残っていてそれに留め金をかける部分入れ歯、歯が全く無いときに使う総入れ歯です。

でも部分入れ歯、総入れ歯共に、使う材料や留め金の種類によってさまざまな物があります。また、取り外しの入れ歯ではありませんが、どうしても総入れ歯から開放されたいという方や、大きな部分入れ歯は絶対に避けたいという方々のために、近年では片顎すべての取り外ししない入れ歯を数本のインプラントで支える”短期間で噛めるインプラント治療法”も入れ歯の治療法の一つとして、選択されるようになってきました。

入れ歯の一部を薄い金属(チタン、金、ニッケルクロム、コバルトクロムなどの合金)で作るため樹脂よりも薄く、耐久性があり、清潔で維持しやすいことが特徴。総入れ歯や、部分入れ歯など様々な入れ歯に使われます。デメリットは金属アレルギーがある場合には使えないこと。金属が破損すると修理が困難なこともあります。 

インプラントをあごの骨に数本埋め込み、その上に入れ歯を固定する装置を取り付け、入れ歯をガッチリと固定する方法。デメリットは自分の歯と同じようにメンテナンスが必要なこと。手術が必要で費用が高額になりやすいです。 歯と入れ歯を固定する部分に小さくて精密な部品を使用し、歯に巻き付ける針金状のものを使用しない方法。 デメリットは自分の歯に装置の一部を取り付けたり、被せたりしなくてはならない点。装置も若干高価。歯科x線で清潔を守ることは大事です。 

弾力性のある入れ歯で、金属バネを使用せずに入れ歯が固定できるのが特徴。バネがないので見た目が良く違和感が少ないです。デメリットは2~3年程度で作り直さなければならなかったり、修理が難しい場合があること。全ての入れ歯の形には対応していません。通常の部分入れ歯の材料よりも弾力がある材料でできています。入れ歯の床自体で歯に固定させるので、留め金のない入れ歯です。また入れ歯を薄く作ることができるので、装着感が良く、違和感が少なくなります。 

部分入れ歯の基礎の金属が最も生態親和性が良いチタンでできています。軽くて薄く作ることができるので、装着感が良く、違和感も少なくなります。入れ歯も進化していて、次世代型は小型磁石の磁力で義歯を顎に装着させることができます。入れ歯に磁石を埋め込んであるので金具が無く、入れ歯を小型にすることができます。見た目、機能性、快適性に優れていて、埋め込まれた小型の磁石が入れ歯をしっかりと安定させます。ただし、埋め込む歯がない場合はでき


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp