登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > 口内炎の種類と対処方法について

口内炎の種類と対処方法について

口内炎は、口の中の粘膜、下やほほの内側、舌やはぐきなどに起こる炎症です。直接、口の中が原因のものと何らかの身体の疾患が原因となっておこるものがあります。何度も再発をする炎症です。口腔内カメラでよく検査しましょう。

口内炎には、何種類かあって、その中で特によく見られるのがアフタ性口内炎です。小さな潰瘍ができて痛みを発します。通常、10日前後ほどの期間を経て治癒することが多いです。原因としては、口腔内の傷や生活習慣、睡眠不足や過度なストレス、栄養素のアンバランス、免疫系の不活性化などが原因とされています。
ストレス気味であれば、リラックすること、特に不足しがちなビタミンB群などの微量栄養素の補給を意識的にすること、そして、口腔内を清潔にすることを心掛けることが改善や予防につながります。 眼精疲労は口内炎の発症とも関係があります。モニターに集中して眼を酷使すると、眼精疲労や肩こり、偏頭痛の原因となり、体内の「ビタミン群」を奪ってしまいます。
ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12・ビタミンEなどは眼への活性化と栄養の供給にかかせないビタミン群です。これらが不足すると眼精疲労だけでなく、口内炎の原因にもなります!
PCを頻繁に利用し、眼精疲労が多く肌荒れも多くなったという方は口内炎の発症が多いようです。眼精疲労と口内炎、ダブルで悩んでいる方は「ビタミン群」を上手に摂取するように心がけましょう。 但し、良質のビタミンは体内で生成されない栄養素なので、体外からの摂取が必須です。
ちなみにPCでの眼精疲労に効くとされているブルーベリーは、眼の栄養分であり、ビタミンの効果を補助するアントシアニン、ポリフェノールなどの成分がぎっしり含まれています!! パソコンやゲームなどでモニターを集中してみていると眼精疲労を引き起こし、体内のビタミン群が奪われてしまいます。ビタミン群が不足すると、どうなるか・・・そう「口内炎」になるのです。PCを頻繁に利用している人は眼精疲労や肌荒れだけでなく、口内炎の発症率も高いとかなお、ビタミンは体内で生成することができないので、体外からの摂取が欠かせません。バランスのよい食事、特に緑黄色野菜を積極的に摂りましょう!
超音波スケーラーは大事です。食生活の改善が困難であれば、サプリメントなどで補うことをオススメします。口内炎の治療では、様々な薬を使用した方法がとられますが、基本になるのは、口腔内の衛生状態を上げる事です。口腔内には、多くの雑菌が生息しています。不衛生な環境は、菌の増殖に関係し、炎症が長引いたりするので、意識して衛生状態を良くすることです。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp