登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科機器の情報 > できるだけ歯の神経を保存する

できるだけ歯の神経を保存する

虫歯が進行し、歯髄(歯の神経)近くまで達すると、歯がしみる、痛いといった症状が出てきます。これは虫歯がかなり大きくなってきた場合におきるサインの一つです。このような症状のある大きな虫歯は安易に歯科機器で歯髄を除去してしまう治療が一般的に行われていました。しかし治療法の進歩によって多くの場合(症状の程度によりますが)歯髄を保存することが可能になりました。 

残念ながら歯の神経を残すことができなかった歯、あるいは神経のない歯を治療する場合、歯質の残存量が少ない場合が多く、このような歯に対しては歯の中に築造体とよばれる土台となるものを入れます。この築造の方法によって、その歯が長く持つかどうかが大きく左右されます。この築造体に使われている材料は従来は、材料の強度が大きいという理由で金属が使われていました。しかしその金属が逆に歯に大きな負担をかけていたのです。 

治療は、まず歯根破折がどこで何が起きているのかを確認します。クラウンなどが被さっていればそれをはずしますし、歯根破折の状況を確認しますし、大きく歯肉が腫れていれば歯肉に麻酔を行って歯肉を切り開き、膿をだし、その場で破折状況を確認します。
破折が大きく、完全に予後不良と判断すれば、抜歯とその後の治療法を提案します。ひびの状態から保存療法をする価値がある場合は、感染根管治療と同様、その部分の感染源を取り除き再度細菌がはいらないようにひびを密閉する治療法を提案します。
口腔内カメラでよく検査しましょう。 

健康な歯がいきなり折れたり割れたりすることはまれで、虫歯の治療が繰り返し行なわれ、神経を取った歯に起こることがほとんどです。たとえ歯磨きを一生懸命していても防ぐことはできません。そのため歯根破折は「歯の臨終」とも言えます。様々な治療で延命した歯が、歯根破折によってその生涯を終えるのです。
歯根破折のリスクを減らすには、できるだけ歯の神経を取らずに済む初期の虫歯のうちに治療を行うことはもちろん、繰り返し虫歯治療を行なわないようにすることが大切になります。そのため定期検診や、正しい歯磨きや規則正しい食生活などの生活習慣を見直すことも歯の寿命を延ばすことにつながります。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp