登録するとZポイントやクーポンをご利用いただけます。

  • 人気商品&安価
  • 1年間品質保証
  • 30日間返品&100%返金
位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口内炎をサプリメントで治療

口内炎をサプリメントで治療

具体的な治療方法としてまず挙げられるのは、生活の中でのちょっとした工夫です。口内炎になった場合には、ビタミンB群(歯科材料)が多く含まれる食品や、サプリメントなどを率先して摂るように心がけましょう。そして、睡眠不足やストレスを溜めてしまうことも口内炎の原因となりますので、生活リズムを正していきましょう。

病院にかかる場合には、麻酔薬のジクロニンなどがうがい薬として用いられるようです。また、リドカインなどを麺棒で直接患部に塗る場合もあるようです。しばしば、錠剤で薬が処方される場合もあるようですが、副作用などの観点からみても、うがい薬や錠剤よりも軟膏を用いられる場合が多いようです。ただ、口内炎というのは口の中にできるものなので、軟膏に高い効果が望めないという見方もあるようです。頬の内側、舌、その下の口底、歯茎などにでき、一度に1個〜複数個の潰瘍が現れ、強い痛みを伴います。
アフタ性口内炎ができる原因は、口の中に傷を作ってしまったり、ストレスや疲労によって、体力が低下したり、栄養不足、暴飲暴食、風邪他の疾患が原因であったりと様々です。体力の低下に伴い、口腔内の免疫力も低下することで、常在している雑菌が繁殖し、炎症を起こします。また、ビタミンB群やビタミンCが不足すると発症しやすくなります。自律神経の乱れや精神的ストレス、過労、ビタミン不足、胃腸障害でも発症します。
また、女性の中には、生理前に周期的にできる人もいます。このことから、アフタ性口内炎は女性ホルモンに関係していると考えられています。 再発性のアフタが3年以上続き、その他の症状が併発したら疑いますよ。
再発性のアフタには、インドの民間療法(クルクミン)をヒントに、日本でトローチ(オーラルファイン)が開発されています。これは、強い抗炎症作用と活性酸素を抑制する作用がありますので、アフタには即効性があり、1日で痛みは消失します。ステロイド軟膏(
歯科機器)などは、長年続けることで治癒が遅れる、効果がなくなるという難治性もものになるケースもあり、たまには良いでしょうが、しようし続けるのはどうか、と思います。 


より多くの歯科機器をお探しならZetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信

人気歯科器具の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。

zetadental.jp